ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

さよなら「さよなら絶望先生」 

ちょっと古いですが、
週刊少年マガジンで連載されていた久米田康治先生の「さよなら絶望先生」が最終回を迎えました。

久米田康治先生の作品には「行け!!南国アイスホッケー部」の後半から触れ、
その後「ポカポカ」「改蔵」「絶望先生」と続いていった訳ですが、
前作「かってに改蔵」でも色々と物議を醸した最終回でしたが、
「絶望先生」もラストへの展開は衝撃でした。

11.03.30 さよなら絶望先生 003
2011年3月発売「別冊オトナアニメ」より

しかし以前雑誌のインタビューで最終回は考えてあると語っていましたが、
初期のころからあった伏線を回収してのこの最終回はある程度予定通りだったのでしょうか。
「改蔵」や「絶望先生」の終わり方を見るにつけ、
久米田先生というのはよく言えばサービス精神旺盛、
悪く?言えば自虐的というか自分に自信がないというか、
ただのギャグ漫画家ではなく作家性が高いというか。
先生のサービス精神旺盛さ(自信のなさ)は、
「絶望先生」の単行本のおまけページの異常な充実性を見れば分かりますが、
本当に稀有な漫画家だと思います。

この最終回についての考察は色々なサイト様で拝見しましたが、
全然百見さまでもなんでもなかった自分には何も語る資格はありません。
それでも最後のカフカは本物の風浦可符香だと思いますね。
とにかく素晴らしい作品でした。

唯一の心残りは、
「絶望先生」のアニメ化はBlu-ray BOX全巻購入特典が最後になってしまうのかということですが。

さあ次はジャンプかチャンピオンかw
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://jokejokken.blog.fc2.com/tb.php/832-fbbe0e6b
まとめtyaiました【さよなら「さよなら絶望先生」】
ちょっと古いですが、週刊少年マガジンで連載されていた久米田康治先生の「さよなら絶望先生」が最終回を迎えました。久米田康治先生の作品には「行け!!南国アイスホッケー部」の後
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR