FC2ブログ
 

ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (8)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

川上とも子さんご逝去 

声優の川上とも子さんが亡くなられた。
病気療養中ということだったが単発での仕事復帰をしたりして、
快方に向かっているのかなと思っていたのに。
自分は「ケロロ軍曹」冬樹君、「ARIA」アテナ役が印象深い。
こういう訃報を聞くといつも言い知れない気持ちにさせられる。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
最近の声優に偏見を持っていた僕にとって
「ケロロ軍曹」は、それを見直すきっかけになった作品でした。
復帰を果たせず、さぞや無念だったことでしょう。
心温まる演技の数々、ありがとうございました。
心から川上さんのご冥福をお祈りいたします。
Re
> 最近の声優に偏見を持っていた僕にとって
> 「ケロロ軍曹」は、それを見直すきっかけになった作品でした。
「ケロロ軍曹」1stシーズン暫定最終回が忘れられない。
アニメ「ケロロ」は軍曹と冬樹君の物語だった。
役は桑島法子さんに見事に受け継がれたけど、
川上とも子さんが演じた一瞬一瞬は色褪せない。
ケロロ1stの最終回は、おおげさにいえば、
21世紀の「さようならドラえもん」「帰ってきたドラえもん」と呼べる出来だったと思う。
この回のみならず、
君の言うとおり、「ケロロ軍曹」は、
ケロロと冬樹の友情が縦糸になって紡がれた物語だったよね。
彼女の役作りあってこその「日向冬樹」。
彼女の確立したイメージがしっかりしていたから、桑島法子さんに引き継がれても安定したキャラになっていたんだと、今にして思う。
Re
> 彼女の役作りあってこその「日向冬樹」。
> 彼女の確立したイメージがしっかりしていたから、桑島法子さんに引き継がれても安定したキャラになっていたんだと、今にして思う。
そうだね、「ケロロ」の続きがあれば川上とも子さんが作り上げた冬樹君は生き続ける。
映像では演じたキャラにいつでも会える。
それだけに余計亡くなったことが悲しい…。















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://jokejokken.blog.fc2.com/tb.php/599-de26fd85
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR