FC2ブログ
 

ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (8)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

「RIDEBACK」感想 

今更ですが、前期のアニメ「RIDEBACK」の感想を。

怪我でバレエの夢をあきらめた、主人公尾形琳。
入学した大学で、人型自動二輪車両「ライドバック」に出会い、その魅力に惹かれていく。
しかしその中で、日本を実質統治する「GGP」と、それに反対する武装集団「BMA」の争いに巻き込まれていく。

このアニメ、色々な感想サイト様を見ても、後半の評価が芳しくありません。
いわゆる「広げた風呂敷を畳みきれなかった」状態だからでしょうか。
確かに、「GGP」だ「BMA」だと仰々しく出てきても、その争いに主人公はあまり関与しないまま終わってしまいました。
その争い自体も、なんだかあっさり終結してしまったような。
1話から3話くらいまでの、大学やレースの描写が素晴らしかっただけに、余計にそう感じてしまうのかもしれません。
私も、もっと面白くなったのではないかという思いはありますが、主人公尾形琳の物語としてだけ見るなら、それなりにすっきりまとまったような気がします。
原作のある物語のアニメ化の場合で、尺の都合で全てを描き切る事が出来ないとき、どのように話を構成するかは難しい問題だと思います。
一部分だけを切り取って、大局の話は途中までで終わらせるか。
オリジナルの要素を増やして、アニメとして「もうひとつの物語」として完結させるか。
「RIDEBACK」は後者のパターンを取った訳ですが。
よく原作途中のアニメで、尻切れトンボな形で終わってしまう作品がありますが、もちろん人気が出て2期等が作られればよいのですが、大抵はそうならない場合がほとんどだと思います。
私はこのアニメに関しては、ひとつの物語を見終わった感があって、満足度はありましたね。
お話の内容に共感出来るかは、人それぞれということでw

ラストシーンについても諸説あるようですが、私は主人公はまたバレエに戻ったのだと思いますね。

とにかくCG描写など、映像のクオリティは皆認める所だと思いますが、それら全般を含めて、私にとってはお気に入りの作品となりました。

OVAとかの番外編や、パラレルワールドの設定でもいいから、別の話も見てみたいですけどねw

RIDEBACK 05 [Blu-ray]RIDEBACK 05 [Blu-ray]
(2009/08/21)
豊口めぐみ朴叙ミ美

商品詳細を見る


RIDEBACK 05 [DVD]RIDEBACK 05 [DVD]
(2009/08/21)
朴叙ミ美小山力也

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://jokejokken.blog.fc2.com/tb.php/5-dbae81a1
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR