ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

漫画「鉄鍋のジャン!」感想 

iPad miniでやりたかったのは電子書籍を読むこと。
一番に購入したのは「鉄鍋のジャン!」。
週刊少年チャンピオンで1995年から2000年まで連載されていた作品で、
自分にとってあらゆる漫画をブッち切りで超越したものだった。
当然単行本で所持しているけど、
読み返し過ぎてボロボロになっているほど。

料理漫画は昔から好きで、
一番古い記憶に残っている漫画は「包丁人味平」だったりする。
面白い料理漫画のポイントとしては、
登場する料理が美味しそうなこととそれを食した登場人物のリアクション、
適度な料理に関するうんちくなどが重要だけど、
この「鉄鍋のジャン!」はそのどれもが素晴らしい。
「食べるラー油」の先駆けともいえる「飲めるラー油」が登場したり、
トンボやゲンゴロウ、果てはウジ虫まで食材として使ったりする始末。
昆虫に関しては最近のニュースで、
昆虫を食料に 国連食糧農業機関が報告書【ねとらぼ】
というのが報じられて、
改めて「鉄鍋のジャン!」の先見の明が証明されたことに。

主人公の秋山醤は「料理は勝負」を信条に、
勝つためには相手を貶めることも平然と行う極悪非道な描かれ方をされている。
13.05.15 鉄鍋のジャン 001
およそ主人公らしからぬ顔の秋山醤。
しかしその一貫した姿勢は悪のヒーローと呼ぶに相応しく、
ひとくせふたくせもある対戦相手を圧倒する姿は清々しささえ感じる。

あまりの面白さに電子書籍で購入してから既に4回くらい読み返していて、
全く他の書籍を読めないでいる有様。

鉄鍋のジャン 01 (コミックフラッパー)鉄鍋のジャン 01 (コミックフラッパー)
(2012/09/01)
西条 真二、おやま けいこ 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://jokejokken.blog.fc2.com/tb.php/1009-0e020349
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR