ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

青森旅行 

11月7日のお話。
週末に休みが取れたのでどこかに旅行に行こうかと思い、
友人のつがいる青森に行くことにした。
最近は電車での旅行や自転車ばかりだったので、
久しぶりにガッツリ車に乗りたいとエクシーガで行くことに。
アイサイトだとロングドライブも苦にならず、
8時間ほどで青森の十和田市に到着。

翌日つの仕事が終わってから昼過ぎに十和田市を出発。
前回自転車で走った奥入瀬渓流沿いを車で走り十和田湖方面へ。

20141116170513280.jpg
御鼻部山展望台からの眺め。
しかしデジカメをつの部屋に忘れてしまってiPad miniでの撮影。
十和田湖を後にして日本海を目指す。
つが行きたいという黄金崎不老ふ死温泉が目的地。
この温泉は日の入りの景色が素晴らしいとういことで、
なんとか夕暮れまでに到着しようと車を走らせるが日本海側に出たとところでタイムアップ。
飛び込みで民宿に泊まることに。
ここの女将さんがなかなか強烈な方で、
海の幸満載の夕食をいただく間喋り通しだった。
翌朝不老ふ死温泉に到着。
結局日の入りが見られるのは宿泊した人だけのようで、
昨日急いだ意味はあまりなかった。

20141116170521541.jpg
海岸の岩場にある露天風呂。
日本海を望むそのロケーションは素晴らしいの一言。
時間が早かったせいもあってか客は我々二人だけ。
素っ裸ですぐ近くまで打ち寄せる波を眺めながら湯に浸かっていると、
日頃の嫌なことなど全て忘れてしまうほど。
ここは今まで行った温泉の中でもトップクラスのいい場所だった。

温泉を後にして次は弘前へ。
つと旅行すると温泉とラーメンということで、
名物らしい煮干しラーメンを食べに行くことに。

201411161705192b2.jpg
「たかはし中華そば店」というお店で中華そばを食す。
個人的にはあまり好みではないジャンルだったかな。

20141116170647efb.jpg
せっかく来たので弘前城を観光。
ちょうど「菊と紅葉まつり」の最終日で、
モミジはまだ綺麗に色付いていた。

201411161706520a4.jpg 2014111617064791b.jpg

2014111617090389e.jpg 2014111617090959c.jpg

20141116170922895.jpg 20141116170924a38.jpg
う~んiPad miniでは撮り難い。
デジカメを忘れて残念。

20141116170928ac2.jpg 2014111617115383a.jpg

20141116171208361.jpg 20141116171220c3f.jpg

20141116171216480.jpg 2014111617143100d.jpg
なかなかいい所だった。

20141116171437126.jpg
弘前と言えばりんご。

20141116171439620.jpg
青森にいるとすぐに目に付く岩木山。
弘前城観光を終えて帰ろうかというところだったが、
そのまま勢いでつが食べてみたいと思っていたというラーメンを食べに青森駅まで向かうことに。

201411161714362e0.jpg
「味の札幌 大西」というお店で味噌カレー牛乳ラーメンを食す。
自分的には“あり”な味。

十和田市に戻りつと分かれ一路帰路へ。
1,800kmくらい走ってがっつりドライブを満喫。
今回もいい旅行であった。
関連記事
スポンサーサイト

しまなみ海道再び 終章 

楽しかったしまなみ旅行も最終日。
前日までいい天気だったのにこの日は曇りで雨も降りそうな空。
最初は尾道観光でもしようかと思っていたけど、
天気も悪いし映画「転校生」のロケ地も微妙に遠いので、
予定を変えて早目に帰ることに。
汽車までの僅かな時間で尾道駅周辺を散策してみる。

14.10.20 しなまみ海道 001
尾道駅。
「転校生」でも登場したらしいけどもう忘れた。

14.10.20 しなまみ海道 002
線路の裏手からいきなり急傾斜になっていて、
坂道どころか階段だらけ。
猫がたくさんいた。

14.10.20 しなまみ海道 003
とにかく細くて急な階段沿いに民家が多数建っていて、
移動とかいろいろ大変なのではと思うが。

14.10.20 しなまみ海道 004
あっという間にどんどん高度が上がっていく。

14.10.20 しなまみ海道 005
この城風の建物を目指して登ってきてようやく到着。
お城の形を模した博物館として建設されたそうだが、
現在は廃墟。

14.10.20 しなまみ海道 006
尾道大橋と新尾道大橋を望む。

14.10.20 しなまみ海道 007
近くの公園の展望台からの眺め。
これにて終了。
いずれまた尾道観光もしたい。

14.10.20 しなまみ海道 008
福山から新幹線で帰る。
小津(仮)は初グリーン車だとか。
車両の一番後ろの席を取り、
その後ろに自転車を置く。
フットレストが少々邪魔だけど、
BD-1とブロンプトンを並べて置くには十分な幅。

14.10.20 しなまみ海道 009
駅弁とビールに舌鼓。
今回も本当にいい旅行だった。
関連記事

弘前城2 


紅葉はギリギリ。
関連記事

弘前城 


紅葉を見る。
関連記事

黄金崎不老ふ死温泉 


海辺の露天風呂。
最高のロケーション。
関連記事

十和田湖 


絶景。
いつか十和田湖周回ルートを自転車で、
いずれね。
関連記事

北へ還れ! 


今週はつのいる青森へ。
馬肉バラ焼き定食を食す。
関連記事

しまなみ海道再び 第2章 

14.10.19 しなまみ海道 001
宿から望む朝日。

14.10.19 しなまみ海道 002
2日目のサイクリング開始。
今回は船で島々を巡りたいと小津(仮)が言うので伯方港へ向かう。
個人的には前回のリベンジで橋を渡ってみたかったけど。

14.10.19 しなまみ海道 003
港で船を待つが出航時刻近くなっても姿が見えず遅れているのかと思ったら、
かなりのスピードでやってきてあっという間に接岸。
自転車は後部に折り重なるようにして載せられた。
渡船やフェリーみたいなものを想像していたので少しびっくり。
旅行者(自転車)もいたが、
学生も含め地元の方と思われる人も結構乗っていた。
ここら辺では路線バスのような感覚らしい。

14.10.19 しなまみ海道 004 14.10.19 しなまみ海道 005
港をいくつか経由して弓削島に到着。
船はバックからあっという間に去っていった。

14.10.19 しなまみ海道 006
弓削大橋。

14.10.19 しなまみ海道 007
生名橋。

14.10.19 しなまみ海道 008
しまなみ海道以外でも大きな橋が架かっていて少し驚き。

14.10.19 しなまみ海道 009
弓削島を走り東側の海に出るととてもきれいな海水浴場が。

14.10.19 しなまみ海道 010
その海辺を望む位置に弓削神社が。

14.10.19 しなまみ海道 012 14.10.19 しなまみ海道 011
狛犬さんです。

14.10.19 しなまみ海道 013
お参りしようとしたところお座敷にさい銭箱が埋め込まれていて、
こういう形は初めて見た。

14.10.19 しなまみ海道 014
おみくじ50円。
見事大吉だった。

14.10.19 しなまみ海道 015
拝殿の中から砂浜を望む。
とにかく素晴らしいロケーション。

14.10.19 しなまみ海道 016
ここは心底来てよかった。
その後弓削大橋を渡り佐島へ。
小津(仮)がガイドマップに載っていたプライベートビーチに行きたいと言い出し、
佐島の南端まで走ることに。
これが結構な上り下りがあってキツかった。

14.10.19 しなまみ海道 017
それでも亀老山に比べればまだなんとか走れたが、
苦労して着いたビーチは・・・。
先ほどの神社があったビーチの方が何倍も素晴らしかった。
結論、プライベートビーチとはアクセスが悪くて大したことがなく、
誰も来ないビーチだった?

14.10.19 しなまみ海道 018
またもや上りに苦戦しながら元来た道を戻り生名橋を目指す。

14.10.19 しなまみ海道 019
生名島と因島の間はフェリーで渡る。

14.10.19 しなまみ海道 020 14.10.19 しなまみ海道 021
自動車が何台も乗る脇に自転車で乗り込み、
短い航路をあっという間に渡り、
本当に海上交通が生活の一部なんだなと実感する

14.10.19 しなまみ海道 022
因島に着いたら早速折り返しの船に乗り込む姿が。

14.10.19 しなまみ海道 023
昼飯にとりあえず目に付いたお好み焼き「うえだ」さんへ。
前日の広島風お好み焼きがいまいちだったのであまり期待していなかったけど、
これが美味かった。
因島は小津(仮)が最初行きたがっていたルートは上りが多くて無理。
はっさく大福のお店「はっさく屋」に間に合わなくなると説き伏せ、
アップダウンのないルートを走ることに。

14.10.19 しなまみ海道 024 14.10.19 しなまみ海道 025
無事はっさく大福も買い、
今回数少ない「四畳半神話大系」聖地巡礼も兼ねて因島大橋を渡る。
もっと橋わたりたかったなぁ。

14.10.19 しなまみ海道 026 14.10.19 しなまみ海道 027
渡ったばかりの因島大橋。
最後の島、向島を走りゴールを目指す。

14.10.19 しなまみ海道 028
尾道への渡船の船着き場に到着。
サイクリストがたくさん。

14.10.19 しなまみ海道 029
お疲れBD-1.
去年はレンタル自転車だったので、
自分の自転車で走った今回は感慨もひとしお。

14.10.19 しなまみ海道 030
余裕の小津(仮)、
こっちはヘトヘトだ。

14.10.19 しなまみ海道 031
尾道に到着。
船旅も面白かったことは確か。
ホテルは「ONOMICHI U2」にある「「HOTEL CYCLE」。

14.10.19 しなまみ海道 032
凄いオシャレな雰囲気で場違いな気もしたが、
自転車のまま部屋まで入れる。

14.10.19 しなまみ海道 033
しかしバストイレがガラス張りw
どんなラブホテルだよと思ったけど、
今から考えると部屋に窓がないので明りとりのためなのかな。

14.10.19 しなまみ海道 034
はっさく屋でアプリを一時停止したままにしてしまって向島はワープしてしまった。
本当は50kmくらい走った。

夜は居酒屋で飲んだ後、
尾道ラーメンを食べようとしたがお目当ての店が臨時休業。
街をさ迷っているといかにも場末のラーメン屋を見付け、
いかにも普通の尾道ラーメンを食して夜は更けていく。
関連記事
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR