ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

しまなみ海道サイクリング 終章 

しまなみ旅行も最終日。
1日目は曇り、
2日目は雨と天気に恵まれず、
せっかくの景色ももう一つというところだったけど…。

13.10.18 しまなみ海道旅行 044 13.10.18 しまなみ海道旅行 045
ホテルの部屋からの景観もこの通り。
しかし昨日雨の中使ったせいか、
デジカメに水が入ったようで画面に影ができてしまっているけど。
今日はもう帰るだけかと思っていたら、
小津(仮)が「せっかく晴れたんだから来島海峡大橋を戻ってみようぜ」とか言い出した。
またあそこを自転車で上るのかと躊躇したが、
今回あまりいい写真も撮れていなかったので付き合うことに。
サイクリングクーポンを購入して再び橋を戻る。
しまなみ海道を自転車で渡ると通行料が必要になるけど、
クーポン券は全ての橋分の通行料の半額で購入できるもの。
昨日の時点でちょうど使い切るはずなのに、
なぜか小津(仮)は1枚余っていた。
ちょろまかしやがったなと思ったが、
どうも一緒に付いている施設優待クーポンの方を入れたらしい。
来島海峡大橋をなんとか上ったところで、
小津(仮)はさらに大島まで行くと言い出す始末。
さすがにこれ以上上れる自信がなかったので私は橋の上で待つことに。

13.10.18 しまなみ海道旅行 046 13.10.18 しまなみ海道旅行 047

13.10.18 しまなみ海道旅行 048 13.10.18 しまなみ海道旅行 049

13.10.18 しまなみ海道旅行 050
橋の上からの景色。
つくづくデジカメの影が残念。

小津(仮)がようやく戻ってきて、
その後は橋の途中にある馬島にエレベーターで下りる。

13.10.18 しまなみ海道旅行 051 13.10.18 しまなみ海道旅行 052

13.10.18 しまなみ海道旅行 053 13.10.18 しまなみ海道旅行 054
馬島からの景色。
しかしよくこんな建造物を造るものだ。

13.10.18 しまなみ海道旅行 055
潮流の向きや強さを示すものらしい。

13.10.18 しまなみ海道旅行 056
糸山公園の展望台から見た来島海峡大橋。
ここから海岸線を自転車で走り今治駅を目指す。

13.10.18 しまなみ海道旅行 057 13.10.18 しまなみ海道旅行 058
距離感が狂うほど大きなタンカーが来島海峡大橋をくぐっていく。

今治城に寄り道。

13.10.18 しまなみ海道旅行 059 13.10.18 しまなみ海道旅行 060

13.10.18 しまなみ海道旅行 061 13.10.18 しまなみ海道旅行 062

13.10.18 しまなみ海道旅行 063 13.10.18 しまなみ海道旅行 064

13.10.18 しまなみ海道旅行 065 13.10.18 しまなみ海道旅行 066

13.10.18 しまなみ海道旅行 067 13.10.18 しまなみ海道旅行 068

13.10.18 しまなみ海道旅行 069 13.10.18 しまなみ海道旅行 070

13.10.18 しまなみ海道旅行 071 13.10.18 しまなみ海道旅行 072

13.10.18 しまなみ海道旅行 073 13.10.18 しまなみ海道旅行 074

13.10.18 しまなみ海道旅行 075
城内にある吹揚神社で突如始まる神社探訪。
しかし写真が傾いてるな。
トリミングとか一切しないんで。

13.10.18 しまなみ海道旅行 076 13.10.18 しまなみ海道旅行 077
城内にいた猫。

13.10.18 しまなみ海道旅行 078 13.10.18 しまなみ海道旅行 079
私とマナミ号と小津(仮)。
この自分の写真を見てダイエットせねばと痛感した次第。
しかし重かったよマナミ号。

13.10.18 しまなみ海道旅行 080
今治駅で予讃線の1両編成の普通列車を撮る。
基本的に1時間の内に普通列車1本、
岡山行き特急1本、
高松行き特急1本くらいしか走っていなくて、
軽いカルチャーショックを受ける。
通勤通学に普通に特急を使っているようだし。

13.10.18 しまなみ海道旅行 081
特急しおかぜで岡山駅へ向かい、
その後は新幹線で東京へ帰り今回の旅行は終了。
初めての経験がいっぱいで、
体力的にはきつかったけど実に楽しかった。
関連記事
スポンサーサイト

しまなみ海道サイクリング 2日目 

2日目はあいにくの雨模様。
睡眠はたっぷり取れて旅館の朝食もがっつり食べたけど、
お尻と太ももの痛みは相当なもの。
それでこの天気はきつい。

雨が小降りになったり止んだ時を狙って走り、
「さんわ」で塩ラーメンをいただく。
朝食を食べてからそんなに時間が経ってなかったけど、
とてもあっさりとしていて美味しくいただきました。
その後は伯方島を一周するように走る。

13.10.18 しまなみ海道旅行 031 13.10.18 しまなみ海道旅行 032
塩田?かと思ったけど、
後で調べたところこういう塩田ってもう廃止されているそうで、
クルマエビの養殖場とかになっているらしい。

13.10.18 しまなみ海道旅行 033
北浦休憩所というところからの一枚。

13.10.18 しまなみ海道旅行 034
この休憩所にはおもしろい形の自転車留めが、
小津(仮)の自転車には意味なかったけど。

13.10.18 しまなみ海道旅行 035
伯方島から見る多々羅大橋。

13.10.18 しまなみ海道旅行 036
次の橋の手前の道の駅辺りで、
今治から行われていたサイクルイベントの出場者達と遭遇。

13.10.18 しまなみ海道旅行 037
これから渡る伯方・大島大橋。

13.10.18 しまなみ海道旅行 038
サイクルイベントの出場者にママチャリで混じって橋を渡り、
期せずしてリアル「四畳半神話大系」の「私」になってしまった。
しかしここで雨が本降りに。
ただでさえしまなみ海道の上りに苦戦していたのに、
雨合羽まで着込んでさらに負荷が掛かる。
しかも小津(仮)が橋を下りたところでイベント出場者につられて本来我々が走るルートを外れてしまい、
これ以上寄り道できる余力がない私は今回の走りで一番の全力で小津(仮)を追う。
その際にサイクルイベントを撮影するカメラマンが沿道にいて、
私に向かって合図を送ってきた。
他にも島の住民と思しき人達が声援を送ってきて、
なんだか申し訳ない。
ようやく小津(仮)に追い付きUターンすると、
今度は応援の人が「どこ行くんですか」ときたw
最後の島「大島」は結構起伏が激しくて、
今回の走りで一番の坂が待っていた。
もはや限界の私は上りきることが出来ずに降りて押すことに。
雨も相変わらず激しく途中雨宿りをしつつ、
ようやく最後の橋の手前の道の駅まで辿り着く。

13.10.18 しまなみ海道旅行 039
らせん状に延びている細い道が来島海峡大橋の自転車道。
すごいスロープだ…。

13.10.18 しまなみ海道旅行 040 13.10.18 しまなみ海道旅行 041
なんとか上りきり、
雨の来島海峡大橋を走る。

13.10.18 しまなみ海道旅行 042
下りのスロープ。
これを渡りきるとすぐに今夜の宿「サンライズ糸山」が。

13.10.18 しまなみ海道旅行 043
このホテルはサイクリストのためにあるような施設で、
このように部屋の中に自転車を入れられる。
私のママチャリは外だけど。
当初の予定では夜は町へ繰り出す筈だったけど、
天気が悪いうえに結構距離があるので、
部屋でビールとつまみ、カップラーメンで済ます。
雨と疲労で2日目はほとんど写真を撮らずに終わってしまった。

13.10.18 しまなみ海道旅行 043-1
2日間100km超えでしまなみ海道を走りきった。
次の日は今治駅を目指すだけど、
実は写真が一番多かったりする。
ということで終章に続く。
関連記事

これゾン巡礼中 


葛西臨海公園に戻ってゴール。
これゾンの聖地で締め。
走行距離とか分からないと達成感がいまいち。
江戸サイはまたリベンジ。
関連記事

ゆゆ式巡礼中 


とりあえず今日の目的地。
なんか工事中だけど。
関連記事

今日は 


江戸川サイクリングロードを走る。
でもiPad mini忘れてきちゃったよ、
走行ログがとれない。
関連記事

しまなみ海道サイクリング 1日目 

いよいよしまなみ海道サイクリング本番。

自分は尾道でレンタサイクルを借りて、
小津(仮)は自分の折りたたみ自転車で出発。

13.10.18 しまなみ海道旅行 013
こちらが自分の借りた自転車(奥は小津(仮)の自転車)。
「四畳半神話大系」の聖地巡礼がメインだったので、
ネタのためだけにママチャリ?を借りる。
一応6段変速とか付いていたけど、
後々までこの選択に苦労させられることに…。

しまなみ海道は本州広島県尾道市と四国愛媛県今治市を結ぶ自動車道の名称で、
島を渡る各橋には有料の自転車歩行者道が併設されている。
しかし本州側からの最初の橋である新尾道大橋には自転車道はなく、
平行して古くからある尾道大橋も非常に狭い歩道しかなく、
尾道から向島までは渡船が推奨されている。
だが「四畳半神話大系」では「しまなみ杯」がこの尾道大橋から始まっているので、
どうしても渡らなければならず今回自転車で挑戦。

13.10.18 しまなみ海道旅行 014
こちらが尾道大橋、
右手には新尾道大橋。
歩道を自転車で通行することは不可能、
車道も車の通行量が非常に多い。
写真を撮らなければいけないので、
安全なところに自転車を停めて歩いて撮影を行った。

13.10.18 しまなみ海道旅行 015
橋の下を走る山陽本線。

島に入ると基本的には一般道を走ることになり、
一応路肩にサイクリングルートの表示がある。
島の外周を海岸線に沿って走るルートが複数あり、
今回しまなみ海道経験者の小津(仮)にルート設定は任せていた。
小津(仮)は正式なサイクリングルートを外れることも多く、
この最初の向島でもより海岸線を走ろうとして、
結局行き止まりになり引き返したことも。

13.10.18 しまなみ海道旅行 016
次の因島大橋が見えてきた。

13.10.18 しまなみ海道旅行 017 13.10.18 しまなみ海道旅行 018

13.10.18 しまなみ海道旅行 019
因島大橋はしまなみ海道の中で唯一車道の下に自転車歩行者道が設置されていて、
非常に独特な景観。
因島大橋を降りたところにある「はっさく屋」というお店で「はっさく大福」を食す。
八朔のさわやかな酸味とマッチして美味しかった。

13.10.18 しまなみ海道旅行 020
因島大橋への因島側の入り口。
各橋へはこういうスロープを通って上っていくことになる。

13.10.18 しまなみ海道旅行 021
生口橋へのスロープ。
これらの坂は自分でもなんとか上れる斜度だけどその分距離も長いし、
橋を渡るたびにあるのでだんだん辛くなってきた。

13.10.18 しまなみ海道旅行 022
生口橋、
前を走るは小津(仮)。

生口島では手造りジェラーとジェラートの店「ドルチェ」でアイスクリームを食したり、
食事処で昼飯を食べたりした。
あなご丼をいただいたけど自分的にはいまいちだったかなぁ。

13.10.18 しまなみ海道旅行 023
次は世界で2番目に長い斜長橋という多々羅大橋。

13.10.18 しまなみ海道旅行 024 13.10.18 しまなみ海道旅行 025
この橋の鉄塔部分にはこんな物が。
拍子木も設置されていたので早速叩いてみました。



こんな広い空間で反響音が響きわたるって、
どんだけデカい鉄塔なんだ。

13.10.18 しまなみ海道旅行 026
橋を降りたところにある道の駅から。
よくこんなの自転車で走ってきたなぁ。
実は「四畳半神話大系」聖地巡礼的にはこの多々羅大橋で最後。
以降はただ完走を目的とするのみ。
この時点で走行距離50km、
最近始めた自転車ではとうに未知の距離で、
しかもアップダウンの連続でかなりグロッキー状態。
普段から自転車レースに出場したりしている小津(仮)は涼しい顔だったけど。
この大三島は次の橋までの距離が短くさらっと流す。

13.10.18 しまなみ海道旅行 027
いよいよ一日目最後の大三島橋を通って伯方島へ。

13.10.18 しまなみ海道旅行 028 13.10.18 しまなみ海道旅行 029
船折瀬戸と呼ばれる潮流を眺める。

13.10.18 しまなみ海道旅行 030
そしてようやく今夜の宿へ到着。
かなり大変だったけど、
明日の残りの距離は大したことないだろうと安心しきって、
海の幸満載の夕食に舌鼓をうつ私であった。
非常に美味しかったです。

13.10.18 しまなみ海道旅行 030-1
自転車始めて1か月くらいで61km超えとかよくやったよ自分。
関連記事

「ガンダムビルドファイターズ」聖地巡礼(舞台探訪) その2 

「ガンダムビルドファイターズ」聖地巡礼(舞台探訪)の第2弾です。

この作品、
ちょこちょこ実在のモデルのあるカットを挟み込んでくるのは何故なんだぜ。

第4話「ガンプラアイドル キララ☆」

【お台場海浜公園】
13.11.13 ガンダムビルドファイターズ 00113.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 001
海上バス乗り場近くからレインボーブリッジを望む。

13.11.13 ガンダムビルドファイターズ 00213.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 002
でもバイクで入ってはいけません。

13.11.13 ガンダムビルドファイターズ 00313.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 003
URシーリアお台場をバックに。
Googleストリートビュー

第5話「最強ビルダー」

【JR東京駅】
13.11.13 ガンダムビルドファイターズ 00413.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 004
東京駅の赤レンガ駅舎丸の内北口。
Googleストリートビュー

【カフェ・ミケランジェロ】
13.11.13 ガンダムビルドファイターズ 00513.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 005
代官山にあるオープンカフェ。

13.11.13 ガンダムビルドファイターズ 00613.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 006
建物のモデル自体はここで合ってると思いますが、
周辺の様子は全く違います。
Googleストリートビュー

第6話「戦う理由」

【JR東京駅】
13.11.13 ガンダムビルドファイターズ 00713.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 007
新丸ビルにある7回のテラスから撮影。

13.11.13 ガンダムビルドファイターズ cap 008
東海道新幹線ホームも出てきましたが、
2番線3番線ってw

阿佐ヶ谷パールセンターらしきところも出てきましたが、
この作品かなりアレンジしているのでいま一つでした。

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>
(2014/03/26)
小松未可子、國立幸 他

商品詳細を見る

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [スタンダード版] <期間限定生産 2015/03/25まで>
(2014/03/26)
小松未可子、國立幸 他

商品詳細を見る

ガンダムビルドファイターズ 1 [DVD]ガンダムビルドファイターズ 1 [DVD]
(2013/12/25)
小松未可子、國立幸 他

商品詳細を見る
関連記事

荒川サイクリングロードを走る 

本当はこの日月は小津(仮)と一緒に京都の八幡木津自転車道を走り、
嵐山の紅葉を見に行くはずだった。
しかし直前で自分が風邪をひいたこともあり、
また日曜の京都の天気予報が雨だったこともあって取り止めていた。

代わりと言う訳ではないけど、
荒川サイクリングロードを走ることに。

13.11.11 荒川サイクリングロード 001
葛西臨海公園で小津(仮)と落ち合いサイクリングに出発。
公園から荒川沿いに出て上流を目指す。
清砂大橋で右岸に渡り本格的にサイクリング開始。
平日ということもあってか人も少なく実に快適だった。
順調に進んでいたけど、
途中堀切を過ぎたところで工事区間が多くなり、
走り難いので左岸へ移る。

13.11.11 荒川サイクリングロード 002
25kmくらい走って都市農業公園の近くで休憩。
その先はまた工事があって再び右岸へ。

13.11.11 荒川サイクリングロード 003
荒川赤羽桜堤緑地というところがあり紅葉見学。
桜の紅葉って初めて見たかも。

13.11.11 荒川サイクリングロード 014
ここで約30km。
自分は葛西臨海公園まで自転車で戻らなくてはならないので、
ここで折り返すことに。

13.11.11 荒川サイクリングロード 004
スカイツリーを眺めながら左岸を走る。
ここら辺で急速に空模様が怪しくなってきて、
小津(仮)はこの後母親の見舞いに行くため別れ電車輪行へ。
その直後突然の大雨と強風が!
京成押上線の鉄橋の下に逃げ込んで雨宿り。

13.11.11 荒川サイクリングロード 005
まさに通り雨というもので、
みるみる晴れ間が近づいてきた。

13.11.11 荒川サイクリングロード 006
ありがとう橋の下。

13.11.11 荒川サイクリングロード 007

13.11.11 荒川サイクリングロード 009
行きは素通りだった荒川ロックゲート。
水位の違う荒川と旧中川を結ぶ水門で、
二つのゲートの間でエレベーターのように水面が上下する。

13.11.11 荒川サイクリングロード 010
ちょうど旧中川から船が入ってきて水面2m上昇中。

13.11.11 荒川サイクリングロード 011
夕陽を受けるゲート。

13.11.11 荒川サイクリングロード 012
こちらも夕陽を受ける東京ゲートブリッジ。
ゴールは近い。

ということで葛西臨界公園に戻り日高屋で食事。
なかなか面白かった。

13.11.11 荒川サイクリングロード 013
すっかり夜になってしまったけど。

13.11.11 荒川サイクリングロード 015
走行距離往復で62km超えで、
何気に一日の最長距離になってしまった。
でもアップダウンがないのでしまなみ海道に比べれば楽勝。
関連記事

ゴール 


葛西臨海公園に戻ってきた。
関連記事

出発 


雨も止んでもう一息。
関連記事

もうすぐ 


晴れ間が近づいてきた!
関連記事

大雨 


荒川サイクリングロードをひたすら走り、
30㎞地点で折り返し。
ゴールまであと10.kmのところで嵐に!
止むことを願って雨宿り。
関連記事

今日は 


荒川サイクリングロードを走る。
関連記事

しまなみ海道サイクリング 序章 

「四畳半神話大系」の聖地巡礼を主目的として、
広島県尾道と愛媛県今治を結ぶしまなみ海道を自転車で走破する旅行に行ってきた。
同行者はいつものように小津(仮)である。
あまりにも写真が多くなってしまったため複数回に分けて書くことに。

10月18日の夜、
東京駅からサンライズ瀬戸に乗って出発。

13.10.18 しまなみ海道旅行 001
寝台特急に乗るのは初めてでかなりワクワク。
ここで初っ端から小津(仮)がやらかす。
今回取れたチケットはソロという部屋の上下一部屋づつ。
小津(仮)は以前2回ほどサンライズエクスプレスに乗っていて、
その時は2回ともソロの下段だったということで、
今回は絶対上段がいいと言い張る。
しかしいざ乗り込む段になって「こっちはソロじゃない」とか言い出した。
車両番号が合っているんだからじゃないも何もないもんだと思うが、
なんのことはない以前小津(仮)が乗ったのはシングルだったことが判明。
しかも小津(仮)は折りたたみ自転車を持ち込んでいて、
ソロの上段には置くスペースがなく、
結局私が上段で小津が下段の部屋に。

13.10.18 しまなみ海道旅行 002
こちらがソロの下段。
ソロはシングルより若干面積が狭く天井の高さがかなり低い。

13.10.18 しまなみ海道旅行 003
こちらがソロの上段。
眺めがよさそうだが走るのは夜中なのであまり関係ない気も。

13.10.18 しまなみ海道旅行 004
上段の私の部屋で東京駅のエキュートで買った弁当を食べ、
ビールを飲んでプチ宴会。
私は寝台が初めてなので狭さもさして気にならず、
記憶力のない小津(仮)もソロを満喫。
その後車内を探検することに。

13.10.18 しまなみ海道旅行 005
まだ空いていたシングルを撮影。

13.10.18 しまなみ海道旅行 006
シングルのある車両の廊下。
写真が傾いているのは酔っぱらっているのと電車の揺れのため。

13.10.18 しまなみ海道旅行 007
シャワー室。
使わなかったけど。

13.10.18 しまなみ海道旅行 008
ラウンジ。
次の日は自転車で50kmくらい走らなければならないので、
もっと起きていたかったけど解散して寝る。
ソロの上段は立ちあがったりはできないけど、
寝る分には十分なスペース。
でも揺れを結構感じて夜中に何回か起きてしまった。
6時半過ぎ10分遅れでの岡山駅到着。

13.10.18 しまなみ海道旅行 009
我々はここで降りるので、
サンライズ瀬戸と出雲の切り離し風景を見学。



13.10.18 しまなみ海道旅行 010
この後は在来線で尾道へ向かう。

13.10.18 しまなみ海道旅行 011 13.10.18 しまなみ海道旅行 012
尾道駅に着いたーっ!
尾道なんて見るところがたくさんあるだろうけど、
完全スルーしてしまなみ海道へ向かう。

と今回はここまで。
ホントに序章だ。
関連記事

しょうめも 

今日(昨日)は小学校から付き合いのある小津(仮)の誘いで、
小中時代の友達3人と酒を飲んだ。
小津(仮)以外の二人とは○○年振りに会った訳だけど、
思い出話をつまみにして6時間近くも時があっという間に過ぎてしまった。
記憶も薄れがちだったけど、
話してみると様々なことが思い出される。
信じられないくらい楽しかった。
思えばいい小中学生活を送っていたんだなぁとしみじみ思う。
関連記事
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR