ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

野球観戦 


ロッテがサヨナラ勝ち。
応援しているチームが勝つと楽しい。
関連記事
スポンサーサイト

野球観戦 


ロッテが1点リード中。
5回裏の花火。
関連記事

野球観戦 


友達の友達からチケットもらったのでマリンフィールドに来てます。
ナイターは久しぶりだな。
関連記事

京都旅行「今日は五山か」 

奇跡的に仕事の合間がその日に合致したので、
京都へ五山送り火を見に行くことにした。
もちろんアニメ「四畳半神話大系」(+小説「夜は短し歩けよ乙女」)聖地巡礼の為である。

新幹線なんていつ以来だろうか。
車内で「夜は短し歩けよ乙女」を読むが、
3章の途中まで読んだところで京都に到着。
なんという早さだ!
市バスの一日乗車券(500円)を購入して、
先ずは古本まつりに行こうと下鴨神社を目指すことに。
この一日乗車券は均一料金区間(220円)なら何回でも使え、
つまり3回乗れば元が取れる優れ物。
京都駅から下鴨神社へは1本のバスで行けるが、
途中の出町柳辺りで降りて出町ふたばで豆餅を買ったり桝形商店街の写真を撮ったり。
そしていよいよ糺の森へ。

12.08.16 京都旅行 001
去年も来たがやはりなんともいえぬ雰囲気がある。
夏の暑さと人の熱気のようなものに満ちていて、
それでいて騒がしい訳ではない不思議な空間。
「夜は短し歩けよ乙女」に出てきた「ラ・タ・タ・タム」を探すため児童コーナーに向かうが、
なんと最終日の今日は2時半で終了していた。
失意の中ラムネで喉を潤そうと喫茶コーナーに行くが、
瓶ラムネはなく缶があるのみだった。

四畳半神話大系 11-010b
鴨川デルタで今夜の下見を行うと、
まだ3時過ぎだというのに場所取りの人々の姿が結構あった。
一回四条河原町交差点近くにあるホテルにチェックインして、
一休みしてから再び出町柳へ向かう。
6時過ぎに鴨川の河川敷に陣取るが、
既にかなりの人出で端の方になってしまった。

12.08.16 京都旅行 002
「大文字」のちょうど真ん中に賀茂大橋の電柱が掛かるが仕方がない。
賀茂大橋の石灯籠に火が灯りその時を待つ。
そして夜8時…。



四畳半神話大系 1-039
喧騒の中で「大文字」が点火されると写真撮影の嵐、
そして民族大移動が始まる。
私もHTTメンバーよろしく飛び石を渡ってデルタへ、
そこから大混雑の河合橋へと進む。

四畳半神話大系 1-040a
人ごみの中でなんとか撮影した妙法の「法」。

12.08.16 京都旅行 003
賀茂大橋東側の交差点で人々がカメラを向ける方角を見ると「舟形」が。
五山の内三つ(2.5)まで見ることができて上機嫌の私は、
いい気分のまま歩いて「赤ひげ」へ向かうことに。
しかしいくら陽が落ちて涼しくなったとはいえ京都の夏、
汗だくになってしまい二条辺りでバスに乗り込む。
京都に来たら必ず立ち寄る木屋町の沖縄料理屋「赤ひげ」。
もう一人飲みも三度目になるか。
カウンターは既に埋まっているのに、
4人掛けの座敷に通してもらう。
その後来たお客さんを満席だからと断ったりしていてなんだか申し訳ない気になったが、
店のご主人も若い店員さんもとても親切に接してくれた。
冷たいオリオンビールで喉を潤し、
すみいかとミミガー、ゴーヤチャンプルをいただく。
泡盛も1杯2杯と進み、
締めはアーサ(海藻)入りお茶漬けを食す。
やはり「赤ひげ」最高!
ほろ酔い気分で木屋町を散歩し、
占い婆ならぬ占いご婦人を横目に先斗町へ。

12.08.16 京都旅行 004
李白さんは何処か。
こうして充実の一日が終わろうとしていた。

二日目は「樋口師匠」の修行のため、
先ずは東福寺近くの上野酒店へ。
ツバメソースを購入し、
ご主人の薦めがあったが時間がなく東福寺も見ずにまた出町柳へ。
京大北門前の進々堂で名物と書かれたカレーパンセットをいただく。
焼き立てパンの美味しさをそのまま味わうもよし、
パンをカレーに付けて食すもよしの一品。

四畳半神話大系 1-040c
賀茂大橋から見る「法」の跡。

12.08.16 京都旅行 005
昨日の喧騒が嘘のような鴨川デルタ。

12.08.16 京都旅行 006
こちらは古本まつりの後片付け中の糺の森。

12.08.16 京都旅行 007
糺の森を流れる瀬見の小川。
そして下鴨神社の近くにあるみたらし団子発祥のお店に向かったが、

12.08.16 京都旅行 008
残念ながらお休みだった。
その後は二条城近くの上田製菓でコンパラスクを購入し、
二条城は華麗にスルーして京都駅へ。
新幹線で京都を後にしたのであった。

死者を送る儀式でありながら大きなお祭りのような五山送り火も体験できたし、
今回も充実の旅行だった。
京都最高また行く!
関連記事

帰路へ 


予定を全てこなして後は帰るだけ。
まだまだ廻らなければいけない場所があるから、
また来る!
関連記事

四畳半巡礼中 


上田製菓のコンパラスク。
「樋口師匠」の亀の子タワシ以外の修行ここに達成。
関連記事

市バス最高伝説が… 

乗ったバスが冷房がほとんど効いていなくて、
外の方が涼しい状態。
死んだ…。
関連記事

四畳半巡礼中 


こちらも古本まつりの撤去作業中。
関連記事

四畳半巡礼中 


昨日の喧騒が嘘のような鴨川デルタ。
関連記事

四畳半、夜乙巡礼中 


進々堂でカレーパンセットをいただく。
カレーパンのセットではなく、
カレーとパンと飲み物のセットである。
関連記事

四畳半巡礼中 


上野酒店でツバメソースを購入。
関連記事

おやすみなさい 

ホテルへ戻ってホッと一息。
送り火って本当は厳かなものだと思うけど、
五山のそれは非日常の祭だね。
自分にとっての京都旅行は、
四畳半世界にどっぷり浸かれる非日常。
五山を三つも見れて、
旨い酒と料理をいただき最高の夜だった。
関連記事

四畳半巡礼中 

赤ひげを出て界隈を散歩。
今宵も占いご婦人がいる!
関連記事

四畳半巡礼中 


あっさりひよってバスに乗る。
一日乗車券最高。
関連記事

夜は短し歩けよ親父 

出町柳から歩いて木屋町を目指す。
関連記事

四畳半巡礼中 


法もなんとか見ることができた。
関連記事

四畳半巡礼中 


ついにこの時が。
関連記事

四畳半巡礼中 


加茂大橋の下で送り火待機。
関連記事

四畳半巡礼中 


出町ふたばの豆餅食べてエネルギー充填、
再び出町柳へ向かう。
関連記事

四畳半巡礼中 

ホテルへチェックイン。
今回の宿は四条河原町交差点からすぐ。
赤ひげ超近い。
関連記事

四畳半巡礼中 


鴨川デルタの喧騒前のひと時。
関連記事

夜乙巡礼中 


作中のラムネってこれじゃない気もするけど、
その味は甘露にして思わず涙してしまったのでよしとしよう。
関連記事

夜乙巡礼中 


児童書コーナーは2時半で終わってた。
「ラ・タ・タ・タム」は幻に。
関連記事

らきすた巡礼中 


京都着いたー!
関連記事

四畳半巡礼中 

新幹線の中で「夜は短し歩けよ乙女」第二章まで読了。
古本まつりが楽しみ。
関連記事

四畳半巡礼中 


四畳半主義者を名乗るなら五山を見に行かない訳にはいかない!
ということでこれからまた京都へ。
それにしても新幹線乗るのは久しぶり。
関連記事

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」 

去る7月29日、
仙台へ漫画家荒木飛呂彦先生の原画展「ジョジョ展」を観に行ってきました。

荒木先生の漫画は「魔少年ビーティー」で衝撃の出会いをしてから、
その全てに魅了され続けています。
その原画展が開催されるとあれば行かない訳にはいきません。

この原画展は前日の28日から始まっていたのですが、
その日は公式ツイッターによれば一日中入場制限が掛かり、
昼過ぎには整理券配布が終了してしまったという人気ぶり。
自分の日程上この日しか行けないので、
観れなかったということがないよう早朝から並ぶこととしました。
自分は千葉から車で仙台へ、
群馬からは小津(仮)が夜行バスで到着、
そして仙台在住の「ジョジョ」を読んだことのない!友人Tと合流し、
朝6時半頃会場の「せんだいメディアテーク」へ向かいました。
既に結構な人数が並んでいて、
我々も早速列に加わります。
その後も続々並ぶ人が増え続ける中、
1時間ほどして整理券の配布が始まりました。
なんとギリギリ開場の10時の回の整理券となり、
いったんTの部屋で休んでから出直しです。

12.07.29 ジョジョ展 001
開場の入り口前の看板。

12.07.29 ジョジョ展 002

12.07.29 ジョジョ展 003
偶然撮れた写真なんですが、
さすが「ジョジョ展」スタッフもジョジョ立ちです。

そしていよいよ入場。
当然中は撮影禁止ですが、
入場制限が掛かっていないと記念写真を撮れるコーナーがあるそうなのですが、
残念ながら我々は体験できないことに。

展示の内容は、
「魔少年ビーティー」から時系列順に原画が展示されていて、
「バオー」、「アイリン」と続きそして「ジョジョ」へ。
「ジョジョ」も基本的に1部からなのですが、
in杜王町ということもあり4部だけが大トリに。
原画は基本カラー原稿が展示されていて、
本誌での扉絵やコミックスカバーなどが中心。
本当に綺麗で芸術作品と呼ぶべきもの。
荒木先生の直筆と思われるメモ書きが書いてある物などもあり、
実に興味深かったです。
他には「岸辺露伴」と荒木先生の仕事場再現コーナー、
iPadやiPhpneのアプリを利用したコーナー、
荒木先生と初代担当の対談VTRなどがありました。
どれもが素晴らしかったのですが、
残念だったのはスタッフから立ち止まらないよう指示が出てゆっくり観れなかったこと。
入場制限が掛かっていて仕方がないんでしょうが、
もっとじっくり観たかった。

12.07.29 ジョジョ展 004
開場を出たところでは「ごま蜜団子」を購入。
現在連載中の「ジョジョリオン」に登場した和菓子で、
そのモデル「松栄堂」の「ごま摺り団子」が限定パッケージでの販売。

12.07.29 ジョジョ展 005
友人Tの部屋で食したけど「ンマイなあああッ!!」マジで。
本当に蜜が飛び出しそうになったし。

12.07.29 ジョジョ展 006
箱の裏としおりには「ジョジョリオン」のカットが印刷されている。

12.07.29 ジョジョ展 007
そしてこれが「杜王新報」です。
お遊び記事から仙台の紹介、
そして荒木先生のインタビューなど。

原画展を出ると物販会場への入場券をもらえます。
この会場がまた原画展の場所から5分くらいは掛かる場所にありますが、
自分は仙台には何度も来ていてるのでスムーズに到着。
限定品も含めたポスターやポストカード、Tシャツなどを販売。

12.07.29 ジョジョ展 008
自分はTシャツ2枚とポストカードセットを購入。
ポストカードセットには荒木先生書き下ろしメッセージカードが付いているんですが、
杜王町なのに何故か承太郎とイギーのイラスト。

以上ですが非常に楽しかったです。
東京での原画展ももちろん行くつもりです。
関連記事

しょうめも 

明日から本気出す(大嘘)!

あまりの暑さと仕事の忙しさで更新が滞ってるけど、
今月中はあまり改善されない。
それでもつかの間の休みを使って、
四畳半主義者として今年は京都へ五山送り火を見に行く予定。
それだけを生きがいに頑張る所存。
関連記事
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR