ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

地元ポタリング 

去年の12月14日と遠い昔のこと。
帰省した小津(仮)に誘われ、
近場を自転車で走ることになった。

最初の目的地は千葉パルコ。
今年の11月で閉店することになっていて、
その前に一度行ってみようということに。
子供の頃は何か大きな物やお洒落な物を買いに行くのはここしかなかった?ので、
自転車でもよく行ったものだった。
久しぶりに訪れた千葉パルコは閉店が決まっているからそう見えるのか、
何となく古くさく寂しい感じに見えてしまった。

時の流れを感じつつ次に向かうのは、
鉄道連隊演習線習志野線の廃線跡巡り。
これも小津(仮)からの提案で、
自分はそういうものがあることも知らなかった。

「歩鉄の達人」というサイト様に全乗っかりで、
日本陸軍が演習用に敷設したという線路跡のルートや僅かに残る遺跡を辿る。

15.12.14 千葉 (2) 15.12.14 千葉 (5)

千葉公園にある鉄道連隊の説明看板。

15.12.14 千葉 (1)
建設の演習用として造られたというトンネル。

15.12.14 千葉 (3) 15.12.14 千葉 (4)
公園の池にはユリカモメが。
池の杭にしか留まらず熾烈な椅子取りゲームが繰り広げられていた。

15.12.14 千葉 (6) 15.12.14 千葉 (7)
鉄道連隊とは関係のない蒸気機関車。

その後は基本的に道路となっている廃線跡を自転車で走り、
千葉経済大学までやってきた。
ここには鉄道連隊の修理工場だった建物が文化財として保存してあるそうで、
見学させてもらおうと思ったけど勝手に入るのもあれなので事務局に許可を取りに小津(仮)が向かう。
ちょっと見させてもらうだけでいいし駄目なら駄目でいいかと考えていたら、
なんと職員の方が案内してくれることに。

15.12.14 千葉 (8) 15.12.14 千葉 (10)
レンガ建築の立派な建物。

15.12.14 千葉 (11) 15.12.14 千葉 (9)
倉庫前には線路が残っている。
恐縮しきりで千葉経済大学を後にし、
再び廃線跡を走る。

15.12.14 千葉 (12)
よく分からないけど何かの施設。

15.12.14 千葉 (13) 15.12.14 千葉 (14)
線路の境界杭らしい。

15.12.14 千葉 (15)
花見川を渡る鉄道橋があったとされる場所。

廃線跡はまだまだ続くけど、
時間的にも自分の体力的にも限界があり断念。
小津(仮)は物足りなさそうだったが。
でもブラタモリじゃないけどこういうのも楽しい。
スポンサーサイト

BD-1で養老渓谷を目指す 

しまなみ杯(四畳半神話大系聖地巡礼)へ向けてとにかく上りの練習をしなければと、
千葉県観光物産協会のサイトで紹介されていたコースから養老渓谷を目指すことにした。
サイトでは小湊鉄道で輪行してから下ってくるルートが推奨されているが、
トレーニングのために逆から攻めて上りを体験することに。

14.10.09 養老渓谷 001 14.10.09 養老渓谷 002
市原にある道の駅「あずの里いちはら」からスタート。

14.10.09 養老渓谷 003
サイコンも復活。

14.10.09 養老渓谷 004
バッグは旅行に向けてリクセンのオールラウンダーツーリングを新たに購入。
トップにマップケースが装着出来て、
そこにiPad miniをセット。
知らない道では非常に役に立った。

14.10.09 養老渓谷 005
笠森観音の近くにある弁天谷池というところ。

14.10.09 養老渓谷 006
笠森観音の入り口だけど今回は立ち寄らず。

14.10.09 養老渓谷 007
斜度9度の上り坂をやっとの思いでクリアすると視界が開けてきて、
高滝湖に到着。

14.10.09 養老渓谷 008
目に付く建造物があったので寄ってみると、
古い揚水機を保存して展望台になっているものだった。

14.10.09 養老渓谷 009
展望台からの眺め。
こんな所があったなんて知らなかったなぁ。

14.10.09 養老渓谷 010

14.10.09 養老渓谷 011
市原湖畔美術館。

14.10.09 養老渓谷 012
高滝湖には美術館関連かいろいろなオブジェが。
でかいトンボ。

14.10.09 養老渓谷 013
これは何だ?

14.10.09 養老渓谷 014
湖面に立つ鳥居。
対岸にある高滝神社のものだろうか。

14.10.09 養老渓谷 015
先ほど上った展望台がこれ。

14.10.09 養老渓谷 016
高滝ダム。

14.10.09 養老渓谷 017
里見駅辺りで結構キツクなってきた。
帰りは折り返して元来た道を帰るつもりだったので、
距離的にも時間的にも限界が近いかと思ったけど、
なんとか養老渓谷駅までは行こうと頑張る。

14.10.09 養老渓谷 018
養老渓谷駅に到着。
駅舎は撮り忘れたけど車両を撮影。

14.10.09 養老渓谷 019
この駅には足湯があるけど、
鉄道利用者用で外から来た人は入場券が必要。
時間もないしスルー。
ここから帰路に就く。

14.10.09 養老渓谷 020
ふくらはぎや太ももに違和感を感じて休憩が多くなる。
神社の脇でストレッチ。
帰りは推奨ルートから外れてナビで最短ルートを選んだら、
国道沿いを走ることになり交通量が非常に多くて走り難かった。
それでももう回り道をする余裕はないので狭い歩道を走ったりしてゴールを目指す。
しかし残り9kmのところで右ふくらはぎが、
残り6kmで左ふくらはぎが攣る!!
それでもなんとかあずの里まで戻ってきた。

14.10.09 養老渓谷 021 14.10.09 養老渓谷 022
走行距離70km弱、
アベレージは下りで稼いだだけで上りでは時速10kmを下回る速度。

14.10.09 養老渓谷 023
途中でツール・ド・ちばの看板を見掛けたけどここを走るのね。
自分にしてはよく上ったなと、
全区間上り坂では再軽ギアで弱虫ペダル方式だったけど。
でもいいルートだった。
今度は輪行の準備をして行ける所まで行って、
帰りは電車で帰ることにしよう。
養老渓谷の観光も全く出来なかったし。

BD-1にテレスコピックフェンダーを付ける 

遂に我がBD-1にテレスコピックフェンダーが付く時が来た。

14.10.06 花見川 001
黒のボディにマッチするこの姿。

14.10.06 花見川 002 14.10.06 花見川 003
フロントのフェンダー。
収縮式で伸ばした状態と縮めた状態。

14.10.06 花見川 004 14.10.06 花見川 005
こちらはリアフェンダー。
角度は調節可能。

14.10.06 花見川 006
折り畳んだ状態。

14.10.06 花見川 007
フロントはそのままでも大丈夫だけど、
完全に下部になるので取り外した方が無難か。
ちなみに台座を残してワンタッチで取り外し可能。

14.10.06 花見川 008
リアは角度を調節すれば全く問題なし。
しかし思ったより取り付け部分は簡素だな。
振動でずれたりしそうだけど。

とりあえず台風が過ぎ去った後、
新しいフェンダーとしまなみサイクリングのために買ったウェアで試走。

14.10.06 花見川 009
「見ろよあの美しい富士を」

14.10.06 花見川 010
「見ろよあのスカイツリーを」

14.10.06 花見川 011 14.10.06 花見川 012
途中花見川が増水していてサイクリングロードに冠水していた。

14.10.06 花見川 013
花島橋近くの斜度14度の坂道以外は軽く流して終了。
途中の水溜まりでは早速フェンダーが威力を発揮した。

BD-1でしまなみ杯を目指す その2 

今日も始動が遅いトレーニング。
花見川サイクリングロードを走り、
花島橋から一般道へ。

Googleストリートビュー

Googleストリートビュー

2本の上り坂をクリアして新川サイクリングロードへ。
八千代ふるさとステーションで折り返し。

14.09.28 花見川
サイコン買い直さないとなぁ。

BD-1でしまなみ杯を目指す 

1年振り2度目のしまなみ杯(「四畳半神話大系」聖地巡礼)が1ヶ月後に決まった。
鈍り切った体で走り切れるか不安だけど、
とにかくトレーニングしなければ。

ということでBD-1に乗ろうとしたら、
サイコンがない!
辺りを探してもない!!
前回走って三郷まではあったので、
帰りの輪行中に落としたかorz

失意の中走り出す。
相変わらず始動が遅いので、
花見川サイクリングロードをちょっとだけ。
平坦な道ばかりでは意味がないので、
花島橋の手前の坂を4往復ほど走る。
もっと身近に坂道トレーニング出来る場所があればいいのだが。

14.09.22 花見川
走った結果不安しか残らなかった。
大丈夫か俺?
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR