ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

北海道旅行 その2 

9月11日のこと。
ニセコで迎える朝。
近くにある温泉に向かう。
その途中…。


キタキツネに遭遇しさすが北海道と思っていたら、
車が走っているのにも関わらず寄ってくる。
後で調べたらやはり観光客の餌やりが問題になっているようす。

16.09.11 北海道 001
ニセコ五色温泉に到着。
雰囲気も泉質も凄く良かった。

16.09.11 北海道 002
風呂上がりにすぐ近くの展望台を散策。
谷間に見える温泉を引いていると思われるパイプ。

16.09.11 北海道 003 16.09.11 北海道 004
ニセコ神社でお参り。

16.09.11 北海道 005
この展望台からさっきの五色温泉の露天風呂が丸見えなんだけど、
女性用も一応塀があるけど若干見えてしまうような…。

16.09.11 北海道 006 16.09.11 北海道 007
ニセコから洞爺湖に向かう途中で立ち寄った、
道の駅真狩フラワーセンター内にある細川たかしさんの展示コーナー。

16.09.11 北海道 008 16.09.11 北海道 009
洞爺湖湖畔のサイロ展望台に到着。

16.09.11 北海道 010
これまた絶景。

16.09.11 北海道 011
ヘリコプターの遊覧飛行があり、
1人5千円と迷ったけど乗ることに。


機体が思ったより小さくて結構怖い。

16.09.11 北海道 012
でも空から見る景色はまた格別だった。


無事着陸。

16.09.11 北海道 013
貴重な体験だった。

16.09.11 北海道 014
我々の後から何組か乗り込んでいく。
皆中国の方らしかったけど。



16.09.11 北海道 015

16.09.11 北海道 016
洞爺湖温泉街で昼食。

16.09.11 北海道 017 16.09.11 北海道 018
室蘭に向かう途中で室蘭本線の線路と併走したので、
列車の写真でも撮りたいなとうろうろして海岸沿いの駅に出る。

16.09.11 北海道 019 16.09.11 北海道 020
そこがたまたま北舟岡駅という海の見える駅として有名な場所で、
思わぬ絶景に遭遇。

16.09.11 北海道 021 16.09.11 北海道 022
時間がなくて列車は撮影できなかったけど。

16.09.11 北海道 023
室蘭にある地球岬というところに到着。

16.09.11 北海道 024 16.09.11 北海道 025
これまた素晴らしい景色だった。
この日は天気も良く最高。

16.09.11 北海道 026

16.09.11 北海道 027
味の大王室蘭本店でカレーラーメンを食す。

16.09.11 北海道 028 16.09.11 北海道 029
カレーラーメンから1時間しか経ってないのに、
やきとりの一平本店で室蘭やきとりを食す。
この「やきとり」は豚肉がメインで鶏肉等と総称してそう呼ぶそうで。
これがとんでもなく美味しかったけど、
唯一残念なのは酒が飲めなかったことだ。

16.09.11 北海道 030
帰りのフェリーはシルバープリンセスの1等洋室。
ちょっとしたホテル並みの豪華さ。

今回も楽しい旅だった。
北海道有名観光地はどこもすごいな。
スポンサーサイト

北海道旅行 その1 

9月9日と遠い昔のこと。
久しぶりに友人つのいる青森へ向かう。
そしてそのまま勢いで北海道へ。

16.09.10 北海道 001 16.09.10 北海道 002
フェリーで迎える朝。
ちょうど苫小牧を出港した船とすれ違う。

16.09.10 北海道 003 16.09.10 北海道 004
苫小牧港に到着し、
車で少し走った場所にある漁港区のマルトマ食堂へ。
元々は漁港関係者のための食堂だったそうだが、
今では多くの観光客が訪れるとか。
朝7時前だったが店内は満員。
ホッキ貝を使ったメニューが有名で、
つはホッキカレー、自分はホッキチャーハンをいただく。
ホッキ貝がご飯と同じくらいの量あるんじゃないかというほどゴロゴロ入っている。

何度目となるか分からない北海道、
有名観光地制覇の旅は今回は積丹半島方面へ向かう。

16.09.10 北海道 005
積丹岬に到着。

16.09.10 北海道 006
熊が出るらしい…。

16.09.10 北海道 007 16.09.10 北海道 008
遊歩道を上った場所からの景色。

16.09.10 北海道 009

16.09.10 北海道 010 16.09.10 北海道 011
ほんの少しだけ晴れて、
積丹ブルーと言われる海の青さを僅かに感じる。

16.09.10 北海道 012 16.09.10 北海道 013
島武意海岸へのトンネルを抜けると…。

16.09.10 北海道 014 16.09.10 北海道 015
やはり天気は微妙だった。

16.09.10 北海道 016 16.09.10 北海道 017
みさきというお店へ。
生ウニの季節は終わってしまっていたので、
普通のウニ・イクラ丼をいただく。

16.09.10 北海道 018 16.09.10 北海道 019
次に向かったのは神威岬。

16.09.10 北海道 020 16.09.10 北海道 021
駐車場から岬の突端までは20分ほど歩き、
アップダウンがあるので結構大変だった。

16.09.10 北海道 022 16.09.10 北海道 023
でもかなりの絶景。
もっと天気がよければ。

16.09.10 北海道 024 16.09.10 北海道 025

16.09.10 北海道 026
こう見るとかなり遠く感じる。

16.09.10 北海道 027 16.09.10 北海道 028

16.09.10 北海道 029 16.09.10 北海道 030
その後は以前つが食べ逃したという小樽のなるとというお店へ。
若鶏の半身揚げの若鶏定食をいただく。
半身揚げは柔らかくて、
ボリュームがたっぷりだけど油っこいくどさも感じず、
すごく美味しかった。

満足した後は小樽で観光もせずにニセコに向かい、
ホテルにチェックインして1日目が終わるのであった。

北海道旅行 その3 

1月11日のこと。
旭川で目覚める朝。


つが旭岳に登ろうというので向かうことに。

しかし天気は悪い。
旭岳ロープウェイの山麓駅に到着するも天気は回復せず、
スキー客でごった返す中ロープウェイに乗り込む。

16.01.11 北海道 001
上の姿見駅に到着。

16.01.11 北海道 002
駅からちょっと離れてみたけど遭難しそうだ。
天気がよければ絶景らしいけどこれでは。

16.01.11 北海道 003 16.01.11 北海道 004
僅か20分ほどで下る。

16.01.11 北海道 005
その後は旭岳温泉の湧駒荘というところで温泉に入る。
つといると温泉の後は当然のようにラーメン。

16.01.11 北海道 006
旭川でみづのというお店で生姜ラーメンを食すが、
本当に生姜が結構効いていて初体験の味。
自分はあまり好みではなかったかな。


後は帰るだけと苫小牧に向かうが、
道央自動車道で雪がまた激しくなってきた。
慣れない雪で大変だったけど、
我が愛車エクシーガの性能のおかげで何とか乗り切る。

と思っていたら・・・。

後輪から異音がしてきてパンクかもと焦る我々。
高速を降りて検索で見付けた自動車販売所に駆け込むが、
パンクをしている訳ではなかった。
タイヤのホイールの内側にびっしり氷が張り付いていて、
それが大きくなりすぎてタイヤと干渉したかもしれないとのこと。
氷をあらかた剥ぎ取ってもらったので工賃を尋ねたら、
特にいらないとの返事が。
北国の優しさが身にしみる。
(有)オニキス江別東プロスペリティの方、ありがとうございました。

16.01.11 北海道 007 16.01.11 北海道 008
いろいろあったけど苫小牧フェリーターミナルに到着。

16.01.11 北海道 010
帰りはシルバープリンセス号。

16.01.11 北海道 011
船内でみよしのの餃子カレーを食す。

16.01.11 北海道 012
さらば北海道、
実に楽しい旅行だった。

16.01.11 北海道 013
船内を散策し2等室を見学。

16.01.11 北海道 014
我々はシングルの2等寝台。
実に快適だった。
明け方に青森に到着し今回の旅行も終了。
まあ自分はそこから千葉に帰らなくてはならないんだけど。

北海道旅行 その2 

1月10日のこと、
根室で目覚める朝。
日の出を見に行くため5時半過ぎに一度出掛ける。


本土最東端となる納沙布岬に到着。

16.01.10 北海道 001 16.01.10 北海道 002
かなり寒かったけど日の出を待つ。

16.01.10 北海道 003 16.01.10 北海道 004
沖には歯舞群島と思われる島影が。

16.01.10 北海道 005 16.01.10 北海道 006
日の出の時。
本土最東端なんだけど、
緯度の関係でこの時期は犬吠埼の方が日の出時間が早いことは内緒だ。


ホテルに戻る途中で根室駅に立ち寄る。

16.01.10 北海道 007
ホテルで朝食。
勝手に海鮮丼と謳っていて、
刺身が結構盛り沢山に用意されていた。
バイキングだといつも食べ過ぎてしまうなぁ。

この日はここから北上し網走を目指す。

16.01.10 北海道 008
道の駅おだいとうという場所には北方領土に関する展示室があり、
敷地には返還を訴える像が設置されていた。

そこから野付半島に寄り道。

16.01.10 北海道 009
北方領土の国後島を望む。
確かに近い。

16.01.10 北海道 010
野付湾は結構な範囲で結氷していた。

16.01.10 北海道 011 16.01.10 北海道 012
トドワラと呼ばれるトドマツの枯死した場所。

16.01.10 北海道 013 16.01.10 北海道 014
こらはナラワラ。

16.01.10 北海道 015 16.01.10 北海道 016
知床半島を望む。

16.01.10 北海道 017
網走にある「しば乃家」というお店で昼飯。

16.01.10 北海道 018 16.01.10 北海道 019
つぶそばと牡蠣そばを注文しつとシェアして食べる。
どちらも美味しい。

16.01.10 北海道 020 16.01.10 北海道 021
網走刑務所に到着。

16.01.10 北海道 022 16.01.10 北海道 023
ファミコンで「オホーツクに消ゆ」をやっていたのでニポポにテンション上がる。

16.01.10 北海道 024 16.01.10 北海道 025
その後はつが行きたがっていた博物館網走監獄へ。
明治時代に造られた網走監獄の施設を移築したり、
復元したりして展示してある施設。

16.01.10 北海道 026 16.01.10 北海道 027

16.01.10 北海道 028 16.01.10 北海道 029

16.01.10 北海道 030

16.01.10 北海道 031 16.01.10 北海道 032

16.01.10 北海道 033 16.01.10 北海道 034

16.01.10 北海道 035 16.01.10 北海道 036

16.01.10 北海道 037 16.01.10 北海道 038

16.01.10 北海道 039 16.01.10 北海道 040
こちらは現在の舎房を再現したもの。

16.01.10 北海道 041 16.01.10 北海道 042
開拓作業に駆り出される自分とつ。

16.01.10 北海道 043 16.01.10 北海道 044

16.01.10 北海道 045 16.01.10 北海道 046

16.01.10 北海道 047 16.01.10 北海道 048

16.01.10 北海道 049 16.01.10 北海道 050

16.01.10 北海道 051 16.01.10 北海道 052

16.01.10 北海道 053 16.01.10 北海道 054
思っていたより面白いところだった。
すっかり日も暮れようかという中、
あまり覚えていないけど恐らく国道39号線を走り旭川に向かう。
次第に雪が激しくなってきて、
峠の辺りでは視界もままならない状況。
助手席からのつの「どうだ」ナビゲートを受けてなんとか突破することができた。
ドライブレコーダーのメモリ不足でその映像は消えてしまい、
またとても手動録画する余裕もなく記憶に残るのみだけど。


旭川に到着。

16.01.10 北海道 055
「とりせん」というお店でザンギを食す。
なかなかのボリュームだった。
この日もよく車で走ったものだ。

北海道旅行 その1 

桜も散る今日この頃、冬に北海道に旅行した記事を書く。

1月8日のこと。
今の仕事を始めてから恐らく初となる5連休が取れ、
友人のつと一緒に北海道に車で旅行に行くことにした。
8日の夜中に千葉を出発、
昼前にはつのいる青森に到着する。
昼飯を一緒に食べた後、
仕事終わりを待って八戸へ。

16.01.09 北海道 (1)
八戸屋台村みろく横丁という所にある「味のめん匠」というお店で八戸ラーメンを食す。
以前食べた煮干ラーメンはあまり好みではなかったけど、
これはあっさり目で美味しい。

16.01.09 北海道 (2)
八戸港からシルバーフェリーの「シルバーエイト号」に乗る。
夜10時に八戸を出航し朝の6時に苫小牧に着く船だ。

16.01.09 北海道 (3)
船室は2等寝台。
2段ベッドの個室だけどかなり狭く、
寝るだけと割り切ればまあ快適ではあった。
船内には風呂もありさっそく入浴に行く。
さすがに広いとはいえない風呂で、
夜なので景色も見えず、
まあネタとして入ったようなもの。

16.01.09 北海道 (4)
オートレストラン(自販機があるだけだが)でビールを飲みながら食事。
もはや何を食べたかも忘れたけど。

16.01.09 北海道 (5)
部屋前の通路。
8時間の航路とはいえ翌日もかなり車で移動する予定なので早々に就寝。

16.01.09 北海道 (6)
下船前の様子。
苫小牧から北海道の東端を目指すことに。
ひたすら高速を走り足寄に到着。
ここでウィンドウウォッシャー液が凍結して出なくなってしまった。
ちょっと甘く見過ぎていたが、
北海道の雪はサラサラしているのでなんとかこのままいくことにする。

16.01.09 北海道 (7)
足寄の道の駅に隣接する「寄って美菜」というお店でいももちを食す。

16.01.09 北海道 (8)
足寄は松山千春の出身地だそうで、
この道の駅には展示コーナーがあったり、
屋外の石碑にあるボタンを押すと松山千春の歌が大音量で流れたりした。
そこから観光案内で見た湖のオンネトーを目指すが、
冬期は道路が閉鎖されていてかなり歩かなければならないので断念。
次は阿寒湖へ。

16.01.09 北海道 (9) 16.01.09 北海道 (10)
湖畔にあるボッケという泥火山。

16.01.09 北海道 (11)
昔のファミコンゲーム「オホーツクに消ゆ」で「摩周湖、マリモ」というキーワードだけ覚えていたけど、
マリモって阿寒湖だったのか。

16.01.09 北海道 (12) 16.01.09 北海道 (13)
凍結した湖面。

16.01.09 北海道 (14)
湖岸には温泉が湧き出ているであろう場所が。

16.01.09 北海道 (15) 16.01.09 北海道 (16)
冬ならではの景色がとても素晴らしい。
次は摩周湖へ。

16.01.09 北海道 (17) 16.01.09 北海道 (18)
ちょっと息をのむ美しさ。
なんと言っていいか分からないけど澄んでいてとても静か、
観光客の外国人はうるさかったけど。

16.01.09 北海道 (19) 16.01.09 北海道 (20)
「摩周そば道楽」というお店で「田舎そば」をいただく。
コシが凄くて美味しかった。

16.01.09 北海道 (21)
川湯温泉の公衆浴場に入る。
建物はかなり古いが泉質は強烈な硫黄泉で、
体の芯まで温まった。

16.01.09 北海道 (22)
湖巡りは屈斜路湖へ。
それぞれが違った雰囲気を持っていてどこも素晴らしい。

16.01.09 北海道 (23) 16.01.09 北海道 (24)
砂湯という場所の近くでは白鳥が集まっていた。
その後自分が下調べして行きたいと思っていたコタン温泉露天風呂に向かうが、
つは「こんな寒いのに露天なんか無理だろ」とか言ってあまり乗り気でない。
とりあえず行ってみるだけでもとなだめながら到着。
露天風呂管理人と書かれた建物があり、
そこで聞くと無料で自由に入ってくれとのこと。

16.01.09 北海道 (25)
あまりの絶景にそれまでとは打って変わってテンション上がりまくりのつ。
-6℃の気温でも少し前に温泉で温まったせいか全く寒くもなく、
雄大な景色を眺めながらの温泉は最高の一言。
途中で管理人さんが白鳥に餌をやりに来て、
それを見ながらの入浴もまた非日常感たっぷり。
管理人さんからこの露天風呂を手造りして30年(だったと思う)、
無料にこだわって掃除から湯温の管理までずっとしてきた話を聞いて感動、
管理人さんが経営する木彫り工房のお店でお土産を買っていくのであった。
そこからは根室までひたすら車を走らせる。
前日千葉から青森まで700㎞以上走り、
この日は苫小牧から恐らく400㎞以上走ってきてねむろ海陽亭というホテルにチェックイン。
根室の繁華街の静かさに若干驚きつつも、
郷土料理と炉端焼きのお店「俺ん家」で海鮮料理に舌鼓を打つ。
締めに「浅草軒」というお店でラーメンを食し、
盛りだくさんの一日目が終わるのであった。
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR