ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

ブロンプトン・ワールド・チャンピオンシップTOKYO2015 

折り畳み自転車ブロンプトンの祭典「BWC TOKYO」に小津(仮)が出場するというので見に行きました。
ブロンプトンオーナーが参加出来る自転車レースなどが行われ、
優勝者は本場イギリスでのレースに出場出来るというもの。
もっとも小津(仮)は今回からクラス分けが行われていて、
スポーツクラスという「参加することに意義がある」レースに出走のようですが。

15.03.22 BWC 001
神宮外苑の一部を使用して行われたイベント。

15.03.22 BWC 002
試走に出発する小津(仮)。
このレースにはドレスコードがあって、
ジャケット、ネクタイ(男子のみ)等が条件だとか。

15.03.22 BWC 003
試走中の小津(仮)。

15.03.22 BWC 004
レース開始を待つ小津(仮)の愛車。

15.03.22 BWC 005
開会式が行われていたけど、
自分はスタート地点で待機。


レーススタート。
基本タイムアタックでスタートラインを越えてから計測開始なので余裕かます小津(仮)。
でも展開もたもたし過ぎ。

15.03.22 BWC 006 15.03.22 BWC 007

15.03.22 BWC 008 15.03.22 BWC 009
1周1km×10周のレース。



15.03.22 BWC 010
小津(仮)ゴール!

15.03.22 BWC 011 15.03.22 BWC 012
参加賞メダルを手にする小津(仮)。
リザルトも○位とかなりよかった様子。

15.03.22 BWC 013
ガチレースとなるチャンピオンクラスに出場した、
小津(仮)が入り浸る自転車屋さんのメカニックさんの雄姿と、
それを応援(撮影)する小津(仮)。

参加者は皆楽しそうでいいイベントでした。
スポンサーサイト

ライブ「メタルヒーロー魂2013」 

毎度いまさらながらの更新ですが1月6日に小津(仮)と行ってきました。

元となる「スーパーロボット魂」の存在は知ってましたが、
「メタルヒーロー」ライブが行われるならば、
串田アキラミニライブで火が点いた我々が行かない訳にはいきません。

会場は渋谷O-EAST。
司会のショッカーO野(wikiで知った)さんが登場してライブスタート。
10年前にも「メタルヒーロー魂」が行われていたと知り驚愕。

01「チェイス! ギャバン」串田アキラ
 いきなりテンションMAX!
02「宇宙刑事シャイダー」串田アキラ
 初めて観た「メタルヒーロー」が「シャイダー」だった。
03「ハロー! シャイダー」串田アキラ
04「特警ウインスペクター」宮内タカユキ
 実は「ウィンスペクター」以降は視聴してないけど、
 観客の盛り上がりは明らかにその辺の作品の歌の方が上で、
 直撃世代の年齢を感じさせる。
05「今日のおれからあしたの君へ」宮内タカユキ
 宮内タカユキさんの様子がちょっとおかしいなとは思ったけど、
 後で知ったのだが小脳梗塞を患ったとは…。
 でも歌声は力強くて感動した!
06「機動刑事ジバン」串田アキラ
 「ギャバン」が「ロボコップ」にパクられ「ジバン」でパクり返すネタがw
07「未来予報はいつも晴れ」串田アキラ
08「重甲ビーファイター」石原慎一
09「黒き十字架 BLACK BEET」石原慎一
10「地球孝行」石原慎一
 石原さんはデビュー30周年だそうで。
 ここで2階客席にいる、
 「ビーファイター」に出演していた土屋大輔さん、金井茂さん、土屋圭輔さんが紹介される。
 残念ながら観ていないので全然分からないけど。
 この時その3人の近くに老齢の男性がいて、
 事前にある情報を仕入れていたこともありこれは“あの方”では。
11「ビーファイターカブト」樫原伸彦
 樫原さんはライブ「魂」に出演するのは初めてとのこと。
 「ビーファイター」の歌自体本放送時イベントで歌っただけで、
 公で歌うのは16年振りだとか。
12「Last Soldier」樫原伸彦
13「大声で歌えば」樫原伸彦
14「君の青春は輝いているか」ささきいさお
 御大登場!
 ささきさんは芸能生活50年を超え、
 アニソン歌手としても40周年だという。
 「俺今日は1曲だけだから」と言いながら次のアコギコーナーにも参加。

【アコースティックギターコーナー】
ささきさんが「出演していたけど聴いたことがなかった」とか、
串田さんがブラジルで大人気だとかのエピソードを披露してのこの歌。
15「オレが正義だ! ジャスピオン」ささきいさお、串田アキラ、石原慎一、樫原伸彦、前田達也
 アイ高野さんを偲ぶ。
16「銀河狼ジャスピオン」ささきいさお、串田アキラ、石原慎一、樫原伸彦、前田達也

17「特急指令ソルブレイン」宮内タカユキ
18「愛に抱かれて」宮内タカユキ
19「True Dream」前田達也
 前田さんは沖縄在住でお店を経営しているとか。
20「出発のサイン」前田達也
21「Hello There!」前田達也
22「宇宙刑事ギャバン -type G-」串田アキラ
 もはや黒歴史かと思った「ギャバン THE MOVIE」から。
 曲の最後の方で大葉健二さん登場!

【トークコーナー】
大葉健二さんと串田アキラさんのトーク。
映画主題歌について串田さんが「自分には来ないかと思ったけど歌えてよかった」
新ギャバンについて大葉さんが「石垣君は僕にはない色気があって悔しい」
大葉さんは色気とかを超える圧倒的な“父性”を持った人、
この人を超える人なんてそうそういない。
串田さん「今年はフランスで『ギャバン』30周年で、僕と大葉さんで行ってくる」
「ギャバンダイナミックやって」という観客からの声に、
大葉さん「僕は声しかやったことない(笑)」と言いながら「ギャバンダイナミック!」

そして大葉さんといえば、
23「父よ」大葉健二、串田アキラ
 1番は大葉さん、2番は串田さん、そしてリピートでデュエットという夢の共演。
 大葉さんの生歌、本当に感動した!

【トークコーナー】
そして2階客席にいた老紳士、渡辺宙明先生登場!!
司会と宙明先生、大葉さん、串田さんのトーク。
宙明先生「『ギャバン』のBGMは予算オーバーで自腹を切ってでも力を入れた」
串田さん「主題歌の『宇宙刑事ギャバン』で使われているのは三味線じゃなくて琵琶」
宙明先生「大葉さんは『父よ』は最初からちゃんと歌えた」
大葉さん「(レコーディングは)10回ぐらい切って繋げた」とご謙遜。

2階客席の「ジライヤ」役の筒井巧さんを紹介しての、
24「SHI・NO・BI'88」串田アキラ
25「ジライヤ」串田アキラ
26「特捜エクシードラフト」宮内タカユキ
27「ゴールは未来」宮内タカユキ
28「宇宙刑事シャリバン」串田アキラ

串田さん「最後の曲いくぞ!」
29「強さは愛だ」串田アキラ
 小津(仮)大歓喜!

お決まりだけど大「アンコール」
30「星空のメッセージ」串田アキラ

出演者全員登場し、
続いてバンド紹介。
「ギャバン隊長」の掛け声に大葉さん「よろしく勇気」
そしてまたもや2階客席になんと「シャリバン」の渡洋史さんが!
石原さん「懐かしい出会いが続いて嬉しい」
樫原さん「憧れの先輩方とご一緒できて感無量です」
前田さん「また沖縄からやってきます」
宮内さん「次会う時はもう少し動けるようになってます」
大葉さん「今年は“赤いの”がくるのかな」
ささきさん「30周年くらいでいいな(笑)でもまだまだ頑張れそう」
串田さん「『メタルヒーロー魂』3回、4回と続く筈です」
31「宇宙刑事ギャバン」串田アキラ
 締めに相応しい大合唱!

最後は串田さんの音頭で万歳三唱。

叫んだ、歌った、燃えた、泣いた!
こんなに楽しいことがあるのかというくらい素晴らしかった!!
知らない曲も多かったけど、
特撮ソングはやっぱり燃えるし、
歌っている人も上手い人ばかりで最高!
直撃作品の「スピルバン」がなかったのが心残りだったので、
そのまま小津(仮)とカラオケ屋で2回戦に突入したのであった。

13.01.06 メタルヒーロー魂
物販で3,000円以上買うともらえる寄せ書きサイン色紙。
買ったのは小津(仮)だけど(爆)

「串田アキラ ミニライブ」 

4日、5日と休みが取れたのでまたもや京都旅行を計画していたそんな折、
小津(仮)からとある情報が寄せられた。
「11月4日、高崎のイオンで串田アキラさんのミニライブが行われるそうですよ。
しかも一緒に写真撮影も出来るとか。
この好機を逃していいんですか?」

イオンモール高崎で「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」サウンドトラック発売記念のプロモーションとして行われるイベントで、
観覧フリー、
串田アキラさん関連CDを購入すれば一緒に記念撮影が出来るというもの。
ホテルや新幹線を全てキャンセルし、
当日私は群馬に向かった。

ライブは13時からと16時からの2回。
開始1時間半前くらいから座席を確保しフードコートで腹ごしらえなどをしていると、
会場の方から串田さんの歌声が聞こえてくる!
あれ!?私が時間を間違えたかと焦ったが、
なんとリハーサル!!
その本気の姿にこちらも早くもテンションMAX。
串田さんのことを全く知らない様子の司会のお姉さんの拙い煽りから、
いよいよライブ開始。
「宇宙刑事ギャバン -Type G-」
「チェイス!ギャバン」

を熱唱!!!
トークを挟みつつ、
「キン肉マンGo Fight!」
で大きなお友達の心をがっちり掴み、
「富士サファリパーク」
「安心戦隊ALSOK」

等のCMソングも披露。
現在放映中のアニメ「トリコ」から
「ガツガツ!!」
「ナカマタチ!!」

で小さなお友達+大きな我々も歌の上手さに感動。
「宇宙刑事シャリバン~宇宙刑事シャイダー」メドレー
ときて、
締めは(軽い仕草の)ギャバンが登場しての
「宇宙刑事ギャバン」
ギャバンと串田さんのW蒸着ポーズでフィニッシュ。
全てがパワフル!
全てが超絶歌唱の大満足のライブだった。
その後はCD購入者との撮影会。
私も「ゴーカイジャーVSギャバン」サウンドトラックを購入し参加。

12.11.04 串田アキラライブ 001

ちなみに小津(仮)はこちら。
12.11.04 串田アキラライブ 003

そして当然のように2回目のライブにも参加。
今度は最前列に位置し掛け声などで盛り上げまくる。
セットリストも
「宇宙刑事ギャバン -Type G-」
「チェイス!ギャバン」
「キン肉マンGo Fight!~炎のキン肉マン」メドレー
「富士サファリパーク」
「安心戦隊ALSOK」
「ガツガツ!!」
「ナカマタチ!!」
「星空のメッセージ」
「宇宙刑事ギャバン」

と一部違う曲もあり、
2回観たかいがあった。
バラード系にますます味が出て、
ちょっとウルッときてしまった。
写真撮影会では「トリコ」のCDを買い参加。

12.11.04 串田アキラライブ 002
「トリコ」関連CDだと串田さんとの2ショット。

とにかく大興奮の1日だった。

串田アキラ ベストアルバム(仮)串田アキラ ベストアルバム(仮)
(2012/12/19)
串田アキラ

商品詳細を見る

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in TOKYO」感想 

22日に六本木に観に行きました。
「仙台展」も行きましたが、
「ビーティー」からの荒木先生ファンとしては行かない訳にはいきません。

今回は日時指定チケットということもあり、
しかも平日だったので比較的ゆっくり観ることが出来ました。
展示内容は仙台とほぼ同じで、
描き下ろしイラストと8部「ジョジョリオン」の展示が増えていたのと、
AR展示が増えていたのが違うくらいです。
それでも仙台の時より自由に見て回ることが出来て、
荒木先生の画をじっくり堪能出来てとても満足です。

今回の売りの一つのAR展示「ジョジョの奇妙なスタンド体験」を体験してきました。
カメラの前に立つと自分の姿が画面の漫画のコマに取り込まれ、
「矢」で撃たれて「スタンド」を発動したところを記念撮影してもらい、
ネットにて自由にダウンロードできるもの。

12.10.22 ジョジョ展 001
俺のスタンドは「スティッキー・フィンガーズ」だったのか!
ポーズは「ジョナサン」のつもりですw

12.10.22 ジョジョ展 002
一緒に行った小津(仮)は「ザ・ワールド」で、
ポーズは「岸辺露伴ルーヴルへ行く」だそうです。

そんなこんなですっかり楽しんだおっさん二人でした。

特撮博物館「ミニチュアで見る昭和平成の技」 

10月1日、
東京都現代美術館で8日まで開催されていた「特撮博物館」を観に行ってきました。
そして今さらの記事化です。
今後再開催や全国巡回の話もあるようですし、
意味のないこともないでしょうけど。

「エヴァ」で知られる庵野秀明監督が企画した、
過去の特撮作品で使われたミニチュアなどが展示され、
さらに「巨神兵東京に現わる」という短編特撮映画が上映される展覧会。
自分も「ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズなどが大好きだったので、
とても楽しみにしていました。

12.10.01 特撮博物館 001
当日券は1,400円。
平日なので空いているかなと思ったのですが、
結構な数のお客さんがいました。
500円で音声ガイドをレンタルして入館。
この音声ガイド、
清川元夢さんのナレーションで各展示物の解説が聞けるのですが、
その数70件!
1件がかなりボリュームがある物も多く、
これを全部聞きながら回ると軽く3時間を超えてしまいました。

展示内容は、
先ずは東宝特撮映画で使われたミニチュアの現物や復元された物、資料などで、
庵野監督のコメントも掲示されています。
シーンごとのサイズ違いのミニチュアなど実に興味深い。
「ゴジラ」シリーズなどはほとんど観ているのですが、
話に聞くだけの作品などもありそれもまた面白い。
続いて「ウルトラマン」を始めとする特撮ヒーロー物。
実際に使われたヒーローのマスクが結構小さく、
また内側の材質などが決していい物には見えなくて、
演じた役者さんの苦労が偲ばれます。
続いては樋口特技監督が関わった平成「ガメラ」シリーズの展示。
庵野監督のコメントで「1作目を見た時は泣きました。2、3作目では泣いてません」のコメントに笑いました。

そして短編特撮映画「巨神兵東京に現わる」の上映。
9分程度の作品ですがこれが驚きの迫力。
後で分かることなのですが、
実写やCGを多少使っているのかなと思ったら全編特技技術のみを使用した撮影で、
感動を通りこして呆れるほどw
ストーリーは全然ないです。
林原めぐみさんのモノローグが入ってますが内容を気にする必要なし、
巨神兵である必要も全くなし。
ただ単に特撮で巨人が東京を破壊する映像が作りたかっただけの、
完全に庵野監督を始めとする人達の趣味の作品。
しかしその好きな物に対する情熱が恐ろしい。

その後は「巨神兵東京に現わる」のメイキングを中心とした特殊技術の展示。
とにかく全てがミニチュアなどを使用した撮影だったことに驚愕。
インタビューでも語られていたけど今はCGなどでいろいろ出来る時代、
それを技術の継承の意志を込めてこれだけの物を作り上げたのは、
そいうことができる状況があったとしてもやはり凄いことだと思う。

12.10.01 特撮博物館 002
映画で使われたセットを体感できるコーナーでは写真撮影可能。

12.10.01 特撮博物館 003
「巨神兵…」の樋口監督。

12.10.01 特撮博物館 004
出口にはこんな寄せ書きが飾られていました。
とにかくボリュームに圧倒された展示会でした。

12.10.01 特撮博物館 005 12.10.01 特撮博物館 006
現代美術館のフリースペースに飾られていた「巨神兵」の頭部。

12.10.01 特撮博物館 007
「巨神兵小津(仮)を襲う」の図。
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR