FC2ブログ
 

ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (8)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

声優劇団ドラゴン音部「GOD SIDE」鑑賞 

会社の後輩が所属しているという劇団の舞台を観に行った。

ドラゴン音部 HP
声劇団 ネ申声団 HP

きっと真剣に取り組んでいるんだろうということで、
真面目に批評してみる。

内容はアニメの名シーン再現で、
舞台で動きを演じる役と、
それに生アテレコする役で構成されている。
今回からアテレコするグループが二つになって、
どちらがよかったか観客が判断する試みが行われたという。

先ず同じシーンを2回観るのはさすがに冗長だと思った。
あと知らないアニメが題材だと正直よく分からない。
それと一番気になったのは、
この劇団は“声”がメインでいいんだよね。
声優を目指しているなら画面に声を合わせるべきだと思うんだけど、
舞台の俳優の方が声に合わせていたような。
その点でも二つのグループの内「ネ申声団」の方が舞台に目をやりながらアテている人が多かったので、
ひいき目抜きにしてもよかったと思う。

まとめの感想としては「若いって素晴らしい」かなw
好きなことを一生懸命やるのはいいことだ。

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」 

去る7月29日、
仙台へ漫画家荒木飛呂彦先生の原画展「ジョジョ展」を観に行ってきました。

荒木先生の漫画は「魔少年ビーティー」で衝撃の出会いをしてから、
その全てに魅了され続けています。
その原画展が開催されるとあれば行かない訳にはいきません。

この原画展は前日の28日から始まっていたのですが、
その日は公式ツイッターによれば一日中入場制限が掛かり、
昼過ぎには整理券配布が終了してしまったという人気ぶり。
自分の日程上この日しか行けないので、
観れなかったということがないよう早朝から並ぶこととしました。
自分は千葉から車で仙台へ、
群馬からは小津(仮)が夜行バスで到着、
そして仙台在住の「ジョジョ」を読んだことのない!友人Tと合流し、
朝6時半頃会場の「せんだいメディアテーク」へ向かいました。
既に結構な人数が並んでいて、
我々も早速列に加わります。
その後も続々並ぶ人が増え続ける中、
1時間ほどして整理券の配布が始まりました。
なんとギリギリ開場の10時の回の整理券となり、
いったんTの部屋で休んでから出直しです。

12.07.29 ジョジョ展 001
開場の入り口前の看板。

12.07.29 ジョジョ展 002

12.07.29 ジョジョ展 003
偶然撮れた写真なんですが、
さすが「ジョジョ展」スタッフもジョジョ立ちです。

そしていよいよ入場。
当然中は撮影禁止ですが、
入場制限が掛かっていないと記念写真を撮れるコーナーがあるそうなのですが、
残念ながら我々は体験できないことに。

展示の内容は、
「魔少年ビーティー」から時系列順に原画が展示されていて、
「バオー」、「アイリン」と続きそして「ジョジョ」へ。
「ジョジョ」も基本的に1部からなのですが、
in杜王町ということもあり4部だけが大トリに。
原画は基本カラー原稿が展示されていて、
本誌での扉絵やコミックスカバーなどが中心。
本当に綺麗で芸術作品と呼ぶべきもの。
荒木先生の直筆と思われるメモ書きが書いてある物などもあり、
実に興味深かったです。
他には「岸辺露伴」と荒木先生の仕事場再現コーナー、
iPadやiPhpneのアプリを利用したコーナー、
荒木先生と初代担当の対談VTRなどがありました。
どれもが素晴らしかったのですが、
残念だったのはスタッフから立ち止まらないよう指示が出てゆっくり観れなかったこと。
入場制限が掛かっていて仕方がないんでしょうが、
もっとじっくり観たかった。

12.07.29 ジョジョ展 004
開場を出たところでは「ごま蜜団子」を購入。
現在連載中の「ジョジョリオン」に登場した和菓子で、
そのモデル「松栄堂」の「ごま摺り団子」が限定パッケージでの販売。

12.07.29 ジョジョ展 005
友人Tの部屋で食したけど「ンマイなあああッ!!」マジで。
本当に蜜が飛び出しそうになったし。

12.07.29 ジョジョ展 006
箱の裏としおりには「ジョジョリオン」のカットが印刷されている。

12.07.29 ジョジョ展 007
そしてこれが「杜王新報」です。
お遊び記事から仙台の紹介、
そして荒木先生のインタビューなど。

原画展を出ると物販会場への入場券をもらえます。
この会場がまた原画展の場所から5分くらいは掛かる場所にありますが、
自分は仙台には何度も来ていてるのでスムーズに到着。
限定品も含めたポスターやポストカード、Tシャツなどを販売。

12.07.29 ジョジョ展 008
自分はTシャツ2枚とポストカードセットを購入。
ポストカードセットには荒木先生書き下ろしメッセージカードが付いているんですが、
杜王町なのに何故か承太郎とイギーのイラスト。

以上ですが非常に楽しかったです。
東京での原画展ももちろん行くつもりです。

「侵略!カーニバル2012」 

イカ娘ファーストアルバム発売記念として3月18日に横浜ベイホールで行われた、
イカ娘ファーストライブ「侵略!カーニバル2012」〈昼の部〉に行ってきました。
齢○○才にしてアニソンライブデビューすることになるとはw

12.03.18 侵略!カーニバル2012

みなとみらい線に初めて乗って元町・中華街駅まで行き、
そこから少々離れている会場に到着。
物販でパンフレットとマフラータオル、
ケミカルライト「イカちゃんの手首のアレ的なリング」を購入して開場待ち。
キャパは1100人だけど〈昼の部〉は当日券も出ていた。
開場して中に入ると早速周囲では、
ケミカルライトを用意したりイカ帽子を被ったりする人が多数で、
初心者の自分は圧倒されながらも「リング」を用意。
そしていよいよイカ娘(金元寿子さん)が登場しライブ開始。
たいして予習もしていかなかったけど、
周囲のノリに合わせて自分も掛け声&ジャンプで参戦。
正直これは積極的に楽しまなければ損だね。
1曲終わったところでのトークで、
「こういうライブは初めてで緊張する」と言っていたけど、
初体験を味わえて〈昼の部〉で正解っだかな。

あっという間の3曲が終わったところで、
ゲストの田中理恵さん、藤村歩さん、大谷美貴さん、片岡あづささん、生天目仁美さん、川澄綾子さんが登場。
田中さんを司会としてトークコーナーに。
不在の伊藤かな恵さんはビデオで挨拶。
その後はサイコロトーク。
金元さん「最近汚かった部屋を少し片付けた」
藤村さん「田中さんがいつもお菓子の差し入れをしてくれた」
大谷さん「たける役に決まる前は、自分がやるなら栄子だと思った」
生天目さん「『イカ娘』は業界人気が高かった」
川澄さんは罰ゲームで早口言葉をやらされる。
片岡さん「キノコが大好き」???
田中さん「司会なんて1回くらいしかやったことなかった」

ゲスト退場の後は、
アツミサオリさん、marble、菊谷知樹さんなどで構成された「イカバンド」の生演奏による歌披露。
「イカ娘」イメージソングアルバムの中からの曲や、
1期のエンディング、金元さんを加えての2期エンディングをしっとりと聞かせてくれた。

そしてイカ娘ライブ後半戦。
立て続けでの2曲が終わったところで、
ラストの曲の前に全員で「イカダンス」の練習。
最後は「侵略の輪を巡りし運命の使徒…じゃなイカ」。
曲の最後に会場全部で「イカダンス」、
この一体感は最高!

怒涛のアンコールに応えて?声優陣総登場したうえで、
特別ゲストULTRA-PRISMが呼ばれる。
挨拶では何故か月宮うさぎさんが感極まって泣き出してしまうというシーンも。
そして最後の締めは当然「侵略ノススメ☆」
これはライブにピッタリの曲で盛り上がりも最高潮に!!

叫んだ、跳んだ、燃え尽きた。
こうして最高の初アニソンライブ体験は幕を閉じたのでした。
また一つ階段を上って(下りて)しまった。

「大葉健二祭」よろしく、勇気! 

六本木ヒルズのTOHOシネマズで行われた、
「ロッポンギ・アニメ・ナイト〈大葉健二祭〉よろしく、勇気」に行ってきました。

「宇宙刑事」誕生30周年を記念して、
大葉健二さんと串田アキラさんのトークショーと、
大葉さん出演作品のオールナイト上映という内容です。

夜11:00からのイベントだったけど、
会場は満員に近い入り。
予定時間を少し押して司会の女性(後から調べたら寺迫麿さんという方)が登場し、
イベント内容の説明と諸注意を行った後、
いよいよ大葉健二さんが登場。
大葉さん「やあっ!みんな元気かい」
生大葉さんは6、7年前に愛媛県の松山まで舞台を観に行って以来ですが、
今回は席がちょうど登場口近くで間近で見られて感激。
大葉さん「一緒に楽しい思い出を作りましょう」
司会が今日の上映ラインナップを紹介して感想を求められると、
ギャバン41話のサブタイトルで「生命」を「せいめい」と読んだのをすかさず「いのち」と訂正してくれて、
ファンにはたまらなく嬉しい。
大葉さん「師の千葉との共演は緊張した」
      「子供が小さいので(ギャバンは)一緒に観ることがある」
バトルフィーバーJについて、
大葉さん「衣装が伸びなくて首が苦しかった」
      「ケニアのポーズは背が小さいのをごまかすため低い姿勢にした」
      「3枚目の芝居は千葉真一を真似した」
デンジマンについて、
大葉さん「バトルフィーバーが終わってないのにデンジマンの話がきて、
      続けて出演するなんて嘘だと思った」
      「(役作りにおいて)イエロー役の津山君が『3枚目をやる』と言っていたが、
      いつまでたってもやらないので理由を聞いたら、
      『やっぱりかっこいい方ががいい』と言うので自分が3枚目をもらった」
「199ヒーロー大決戦」について、
大葉さん「199人のヒーローが自分でメットを持って、
      自分で装着して撮影していた」
      「烈の衣装もそうだけど青梅大五郎の衣装も照れくさかった」

ここで大葉さんは一度退場して、
続いては串田アキラさんの登場。
「トークショー」なっていたのでまさか歌があるとは思ってなかったけど、
「宇宙刑事ギャバン」の生歌をフルコーラスで披露!
年齢も調べたら63歳ということだし、
体もどちらかといえば小柄な方なのに、
その歌声はまさにパワフル!!大感動!!!!
歌の途中でコンバットスーツ姿のギャバンが登場し、
最後は串田アキラさんと一緒に蒸着ポーズで締め。
ギャバンが退場し大葉さんが再登場して、
司会を交えての大葉さん、串田さんのトークショー。
蒸着ポーズについて、
串田さん「3日前にDVDを観て練習したけど上手くできない」
大葉さん「アクション監督からポーズを考えてと言われたけど、
      手を上に挙げるポーズを披露したら『それだけ?』と言われた。
      そこから色々付け足していって完成した。
      昔は体が硬くて(今の方が軟らかいとか!)きつかった」
そして司会のリクエストに応えて蒸着ポーズを「ゆっくり目に」披露。
ギャバン復活について、
大葉さん「シナリオが凄くよかった」
串田さん「10周年、20周年と何もなくて、
      30周年こそと思ってたらキターって」
「愛ってなんだ」について
串田さん「やさしさだという感情を込めて歌った」
ここで二人のサイン入りポスターの抽選だったけど見事に外れ。
当選した人は大葉さんから直接手渡され、
二人と握手出来るという羨ましさ。
最後の挨拶、
串田さん「これからもギャバンを応援してください。
      そして僕の歌も歌ってください」
大葉さん「後輩達がどんどん育っています、
      これからも東映特撮をお願いします。
      そのうちメタル物も復活するかも。
      子供番組を愛してやってください」
楽しい時間はあっという間ですね。
続いては上映会。

「宇宙刑事ギャバン」
第1話「東京地底の怪要塞」
全てはここから始まった。
映像等は力が入っているけど、
今見ると結構オーソドックスな展開。
それだけに大葉さんの演技、アクションが光る。

第21話「踊ってチクリ大ピンチ ハニー作戦よ!」
何故この回が選ばれた?
大葉さん大活躍というほどでもないけど。
この後「デンジマン」もあるし曽我町子祭?

第41話「魔空都市は男の戦場 赤い生命の砂時計」
これは全編大葉さんのアクションで納得。
やっぱり凄い。

第43話「再会」
いい話だなー。
思わずホロリ。

第44話「ドンホラーの首」
結構あっさり最終決戦が始まったのが今でも印象的。

「宇宙刑事シャリバン」
第51話「赤射・蒸着」
これはやはり盛り上がる最終回。
燃える!

「宇宙刑事シャイダー」
第49話「3人の宇宙刑事 ギャバン シャリバン シャイダー大集合!!」
当時も今も感慨深い。
でももう絶対3人が揃わないなんて…。

「バトルフィーバーJ」
第30話「悪食雑食の料理長」
凄い話だwww
脚本は曽田博久さんじゃないか!

第43話「暗殺者ジャッカル」
銃で狙うなら殺し屋雇わなくてもいいような。

「電子戦隊デンジマン」
第4話「ベーダー魔城追撃」
三原順子さんが出演している!

第31話「魔法使い秘術合戦」
朝風まりって人が出てきてあれ?って思ったけど、
二代目・引田 天功か。
ギャバンより前にこうして共演していたのね。

ここで5時過ぎ。
映画「199ヒーロー大決戦」を観ると7時位になりそうで、
この後仕事だったので残念ながら退席。
でも楽しかった。
さあ皆さんもご一緒に「ジョーク、ジョーク、ジョックン」

渚さやかinチェンジマンショー その2 

以前書いた【渚さやかinチェンジマンショー】の記事で行方不明となっていた、
渚さやかこと西本ひろ子さんのサイン色紙が見付かったのでUP。

11.10.21 電撃戦隊チェンジマン 001
スキャナで取り込めない大きさの上、
かなり汚れが目立ちますが、
これからはしっかり保管したいと思います(汗)。

※10/24 追記
 拍手コメ、ありがとうございます。
 まさか25年以上も経ってこんなにさやかさんのことを語れるとは思いませんでした。
 こうなったら写真と共に墓まで持って行きたいと思います。
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR