ジョーク、ジョーク、ジョックン

アニメと(古い)特撮についての色々なこと。感想や聖地巡礼など。
 
 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
車 (5)
C (1)
月別アーカイブ
アクセスカウンター

「鉄鍋のジャン!」第1話 感想 

「鉄鍋のジャン!!2nd」連載開始(8ヶ月経過)記念、
無印「鉄鍋のジャン!」感想。

第1話「炎との出遭い」

「鉄鍋のジャン」は自分にとって至高の漫画。
一番好きな漫画はと問われれば迷わず本作を挙げる。
その続編が連載されることになり、
喜びと共に不安も少々。
続編は「鉄鍋のジャン!R」に続く3作目となるが、
今回の「2nd」は主人公が前作主人公の息子ということでどうなるか。

もう連載開始から22年も経ったのかと驚くばかりだけど、
何故この漫画にそこまで惹かれたのか。
元々料理漫画は好きだった。
自分が覚えている漫画の原点は「包丁人味平」だったりするので。
「ジャン」の魅力はやはり主人公の秋山醤であろう。
祖父から仕込まれた料理の腕を武器に「中華最高」の料理人を目指す醤は、
その圧倒的な技術と勝負への執念で勝つためにあらゆる手段を尽くす。
その言動は悪役そのもの。

鉄鍋のジャン 17.09.11 001
祖父のライバルが経営する中華料理店に乗り込んで、
注文した炒飯を食べてこの対応。
思えばここからミスター望月の転落は始まった。
強烈な主人公と共にこの作品の魅力は、
監修のおやまけいこ氏による中華料理の知識にある。
料理漫画で重要なのは適度なウンチクだと思うので、
その点でもこの作品は素晴らしいといえる。
この第1話で自分はガッツリ心を掴まれたのであった。

今話に登場した料理

鉄鍋のジャン 17.09.11 002
醤のライバルとなる五番町霧子が作ったネギと卵のみの炒飯。

鉄鍋のジャン 17.09.11 003
醤の作った海鮮風炒飯。

スポンサーサイト

北海道旅行 その2 

その1の更新から2ヶ月くらい過ぎてるという体たらく。

16.12.04 北海道旅行 001
早朝にホテルを出発して宗谷岬を目指すその途中、
道端にシカを発見。

16.12.04 北海道旅行 002 16.12.04 北海道旅行 003
遂に日本最北端の地の宗谷岬に到達。
端といってもだだっ広い感じだが。
そこからはひたすら南下。

16.12.04 北海道旅行 007
旭川の「天金」でラーメンをいただく。

16.12.04 北海道旅行 004
美瑛の青い池に立ち寄るが・・・青くない?

16.12.04 北海道旅行 005 16.12.04 北海道旅行 006
十勝岳の凌雲閣で温泉に入る。

16.12.04 北海道旅行 008 16.12.04 北海道旅行 009
札幌まで来てつが夜景を見ようと言い出して、
大倉山展望台を目指すもすでに営業終了。

16.12.04 北海道旅行 010
ジャンプ競技場手前からの夜景。

16.12.04 北海道旅行 011 16.12.04 北海道旅行 012
これだけ北海道に来ていてジンギスカンを食すのはこれが初めて。
札幌の「だるま」でいただいたジンギスカンはとても美味しかった。

16.12.04 北海道旅行 013
帰りのフェリーは特等室で。

北海道有名観光地制覇の旅も、
青森在住だった友人が転勤してしまいこういう形で行くのは最後となった。
まだ行ってない場所がたくさんあるけど、
訪れた所はどこも素晴らしかった。
また是非行ってみたい。

カップ沖縄そば 


最近京都に行けてなくて、
四畳半成分が不足しているのでこれで補完。
味はそれなりに美味しい。

福島旅行 

昨晩は比内やサスケ郡山本店というお店で飲み。

20170707055641020.jpg
締めに親子丼(ハーフ)をいただく。

福島旅行 

青森から福島に転勤した友人の所へ。

20170706154624f09.jpg
上松川の伊達屋というラーメン屋に行く。

2017070615462335d.jpg
塩雲呑麺をいただく。
プロフィール

sho

Author:sho
 
千葉県在住

年齢:結構いってます

はじめにお読みください

リンクフリー

フリーエリア
キスダムR-ENGAGE planet- Blu-ray BOX化プロジェクト
ブロとも一覧
相互リンク
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QR